近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

やっぱりハイパトって凄いわ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093356j:image

これね、ここ3年くらいずーっと思っていることでして。

最近Gメン75を見て、よりハイパトの凄さを実感しました。

 

 

 

 

それは...

 

装填・発火・‪排莢‬シーン全てハイパトで済ませられるから。

 

 

です。

 

 

こんなこと、ハイパトを知っている方なら当たり前だのクラッカーで、今更何を言っているんだ若造!!!クソガキ!!!

って思われそうですが、自分はつくづくハイパトは凄いと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808094350j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808094355j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808095832j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808095829j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808094434j:image

太陽にほえろ!や大都会PARTⅡでは、七曲署及び城西署の制式拳銃が『全員ハイパト』の時代がありましたね。

 

結構ドラマのプロップは、発火時は電着式アップ時(装填・‪排莢‬他)ではモデルガンなんて事が多く、Gメン75では装弾数が変わっている事が、しばしばあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093532j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093529j:image

発火時はニューナンブのような電着式(5発)、アップ時はコルトダイヤモンドバック(6発)です。

Gメンたちの制式拳銃 - 近江屋の御隠居の日録

ハイパトは、当ブログをご覧の方ならお分かりの通り、70年代中期の時代劇にもよく登場します

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093712j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093708j:image

長崎犯科帳、人魚亭異聞無法街の素浪人、新荒野の素浪人荒野の素浪人第2シリーズ)、破れ傘刀舟悪人狩り大江戸捜査網...etc 。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093941j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093947j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093950j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093953j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808093938j:image

長崎犯科帳と新荒野の素浪人は毎回で(長崎は未登場回アリ)、他の作品の登場回は言えますので、興味がお有りでしたら、当記事コメント欄か私のTwitterアカウントにてコメントをしてください。

時代劇でもカスタムされるハイパト刑事ドラマでもカスタムされます。

太陽にほえろ!の各個人カスタムは、有名ですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808095222j:image

好きな一本 その2・太陽にほえろ - 大河道 雷刃の雑想録

Gーパンカスタムのm1917(というよりミリポリ)調なハイパト、個人的に好きです。

 

 

MGCが撮影現場に配布した事があるらしく、それもあってハイパトは70年代の(主に)刑事ドラマを象徴するモデルガンになったのでは無いでしょうか。

 

 

 

 

まあねぇ、ハイパトはそれもあって物凄い人気で、おそらく日本一人気な発火式モデルガンなんじゃ無いでしょうか?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808094632j:image

未熟な自分ですから、まだ入手するのは早いですね。