近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

コクサイ

これ『 国際ハイパト時代劇カスタムver 』じゃね?

大都会PARTIII第38話「国際密輸ルート」を見ていたら、それと思われるカスタムハイパトを見つけました。 ◉関連記事 時代劇で見る『ハイウェイパトロールマン41マグナム』 - 近江屋の御隠居の日録

時代を感じる時

私ね、刑事ドラマで時代を感じる時があります。 それはね....。

時代劇で見る『ハイウェイパトロールマン41マグナム』

以前、『時代劇におけるハイパト』について纏めました。 時代劇におけるハイパト - 近江屋の御隠居の日録 この記事執筆後、別のハイパト登場回を見ましたので、ほんのちょっとですがその分を追加します。 今回の記事で、『大江戸捜査網』については第3シリー…

やっぱりハイパトって凄いわ

これね、ここ3年くらいずーっと思っていることでして。 最近Gメン75を見て、よりハイパトの凄さを実感しました。

Gメンたちの制式拳銃

こんな記事タイトルですが、まだ初期の数話しか見ていないです。 Gメン75、本編が面白いのは当たり前ですが、Gメンたちの制式拳銃も、なかなか興味深いです。

価値があるとは知らなかった

コルトローマン...最近はそれが欲しくて頻繁にヤフオクを覗いています。 あるにはあるのですが、落札出来ず~と、まだ手に入れていません。 で、現在に至ってもあるモデルガンを、コルトローマンの代用として使っています。 今回は、それについてです。 ↓関連記…

時代劇におけるハイパト

みなさんどうも、近江屋の御隠居です。 今回は、時代劇におけるハイパト登場例について、記事にいたします。 ついでに、ハイパトより貴重なものも、紹介いたします。 ※私が見てきたもので記事にいたしますので、足りない部分はありますが、何卒ご容赦くださ…

意外とあった使用例

前記事では言いたいことを言えたので、また通常に戻ります。 意外とあった使用例、それは「後期型コルトローマン」です。 後期型コルトローマン、よく言われるニューローマンです。 結構80年代の刑事ドラマではよく登場しますね。 そこで、自分が見てきたニ…

モデルガンの修理

今回は、色々あってぶっ壊してしまった、あるモデルガンの修理についてです。 自分はちょっとした修理(穴埋めとか)なら行ったことがあります。 だが...半壊くらいまでしたモデルガンの修理をしたのは初めてです。 そのモデルガンはこちらです。 国際産業・ハ…

アンクルカスタムベースのカスタム

今回は、「アンクルカスタム」ベースのカスタムについて。 先ほど知ったのですが、ワルサーp38の改造銃の「アンクルカスタム」は「0011ナポレオン・ソロ」と言う作品に登場しているのですね。 YouTubeで動画がありましたので、そこからスクショして持ってき…

買って良かった2020

お題「#買って良かった2020 」 いやぁ色々あった気がします。大4の1年って長いですね。 私は西部警察や、最近では大都会にも興味を持ったおかげで、新式銃を集める動機ができました。それまでは特に自動小銃とかは全く興味がなかったんですけどね。 ますはこ…

カウンターボアシリンダー

続け様に鉄砲ネタですが...。 今回は、最近知った「カウンターボアシリンダー」についてです。 まずカウンターボアなのですが、これは「ざぐり」のことで、段付きの穴のことです。もう少しっ細かく言いますと、穴を開けた時にねじやボルトの頭部が出っぱらな…

コクサイはお得?

珍しく、3記事連続投稿です。 最近購入した国際産業(以降・コクサイ)のモデルガンについて少し。 私はハイパトを持っていたのですが、これは発火用カートリッジが6個付属のみでした。なのでこの当時のコクサイのモデルガンは発火用カートリッジ6個のみだと思…

コルトローマンの代用

西部警察はほとんどで、他の昭和刑事ドラマにもコルトローマンが登場するというのを知りました。しかし、コルトローマンはもう製造されておらず、CAWから出たのが最後みたい。なので、それだといくらサバゲー時の装備といっても手に入りません。そこで、今回…