近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

Gメンたちの制式拳銃

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805203218j:image

こんな記事タイトルですが、まだ初期の数話しか見ていないです。

Gメン75、本編が面白いのは当たり前ですが、Gメンたちの制式拳銃も、なかなか興味深いです。

 

 

 

 

Gメンの制式拳銃は、アップ時と発火時で変わります

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805211215j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805211212j:image

これはドラマあるあるですね。

設定上1挺ですが、拳銃的には2挺です。

これらを使います。

  1. コルトダイヤモンドバック(ダイアモンドバック)
  2. ニューナンブのような電着式プロップ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213051j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213054j:image

です。

 

まさかの『コルトダイヤモンドバック(ダイアモンド)』、こんな貴重な物を使うとは、思いませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213138j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214738j:image

アップ時に刻印が映るので、モデルガンメーカーが分かります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213117j:image

『東京CMC』です。

これもまた貴重ですね。

『コルトダイヤモンドバック(ダイアモンド)』東京CMCと、国際産業株式会社(コクサイ)が作っていたそうで、前者をプロップとして使っているようです。

 

2つ目の『ニューナンブのような電着式プロップ』は、他刑事ドラマにも頻繁に登場するものと、同じプロップだと思われます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214713j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213516j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214016j:image

電池ボックスはグリップ内で、グリップ右側(雌ネジ側)からバッテリーを入れると思われます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213816j:image

他の刑事ドラマでは、サムピースが変な方向を向いているシーンもあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805213858j:image

以降の刑事ドラマでは、これは発火用プロップのため、アクション時はこれで、アップ時はローマンなんてシーンもあったりしますね。

 

 

当時、確実に動作する黒いモデルガンは、リボルバーではハイパトくらいですかね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214213j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214210j:image

これはMGCが撮影現場に配布したことがあるらしく、70年代初頭の刑事ドラマで大活躍しましたね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214303j:image

しかし、ハイパトはスナブノーズというにはちょいと長いですね。

なので、Gメンでは『コルトダイヤモンドバック(ダイアモンド)』を選んだのかもしれないです。

 

 

 

 

『コルトダイヤモンドバック(ダイアモンド)』は、『大都会 -闘いの日々-』第1話の黒岩刑事も持っていましたね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214351j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214348j:image

こちらは、OPからハイパトを推しているイメージでしたので、意外でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214425j:image

ハイパトは傑作モデルガンでしたが、コルトローマンが登場してからは、徐々に姿を消していきますね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214654j:image

Gメン75では、コクサイの『コルトローマン(ニューローマン)』を、若林豪さんが使っておりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214530j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220805214533j:image

ローマンが登場してから、ダイヤモンドバックも姿を消したのかもしれないです。