近江屋の御隠居の生存記録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。「生存記録」なのは、いつくたばるか分からないから。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

続・リキのカービン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021100042j:image

リキのカービンで新しい発見がありましたので、記事にいたします。

したがって、今回はリキのカービンについてです。

↓リキのマグナムについて

リキのマグナムについて - 近江屋の御隠居の生存記録

 

 

リキのカービンについての発見は、西部警察PART1第5話「横浜銃撃戦」でありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023234655j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235034j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235029j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235032j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235027j:image

リキの44マグナムカービンは、第1話の銀行強盗団狙撃時に使っていますが、この回では形しかわからないです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023234835j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023234833j:image

第1話では狙撃鏡付きです。

第5話では狙撃鏡はなく、ただの44マグナムカービンです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235001j:image

犯人一味との銃撃戦の末、ラストは船上で一息ついている西部署メンバーが各々写って終わります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235252j:image

この時、リキはカービンストックを44マグナムから外すシーンが映ります。

それがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235318j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235316j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235321j:image

驚きました。

私はアンクルカスタムのストックのように、ストックを下からスライドさせ、ネジで本体アタッチメントと締結するものだと思っていました。

これは見た感じ、アタッチメントを2枚の板で挟み、ネジで締結させ固定しています。

そして、グリップはスクエアグリップですね。

この44マグナムは、同第96話「黒豹刑事リキ」で登場する44マグナムと同じものだと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235717j:image

カービン用44マグナムは、スクエアグリップなのですね。

リキの44マグナムは、オーバースクエアグリップ、スクエアグリップ、アタッチメント付きスクエアグリップタイプの3種類あると思えてきました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235905j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235942j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235908j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023235903j:image

オーバースクエアグリップとスクエアグリップの44マグナムは、同じ話でシーンによって変わる事があります。

設定だと、オーバースクエアグリップっぽいです。

 

 

これでリキのマグナムについてはだいぶ分かってきました。

カービン用アタッチメントはこの前のもので良いので、スクエアグリップにしてリキの44マグナムカービンっぽく遊びたいですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211024000152j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211024000156j:image

画像のm29はオーバースクエアグリップですので、前に購入したアルタモントのスクエアグリップをつけて、リキの44マグナムカービンにしたいです。

やったね!スーパーマシン!!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019050144j:image

やっぱりリサイクルショップって良いですね。

私はホビーオフや鑑定団などにちょくちょく向かいます。

そういうところには、出品されていればネットオークションより安値で買うことができるからです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021134221j:image

これはホビーオフ藤沢店で購入しました。

箱無しでカートリッジがくすんでいたからなのか、6600円(税込)で購入できました。

状態は、ヤフオクで購入した同4inchよりも良かったです。

そして今回は、やっと探していたリミテッドビンテージのあるミニカーなどを発見したことについてです。

 

 

そのミニカーはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019164955j:image

左から

です。

やーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと探していたスーパーマシンの本格的なミニカーが手に入りました。

リミテッドビンテージは1/64という通常のトミカサイズでも、内装は実機同様の造りになっており、とにかく細部まで再現された素晴らしいミニカーです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183225j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183324j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183312j:image

子供が遊ぶためではなく、大人が飾って楽しむためのミニカーです。

 

ここから購入したミニカーのご紹介と参りますが、長くなりそうなので覆面パトカー&スーパーZ編、マシンRS-1&マシンRS-3編と2部構成にしようと思います。

また、マシン自体の詳細は以前のブログにて紹介してますので省きます。

スーパーマシン軍団 - 近江屋の御隠居の生存記録

ただ、マシンRS-3については自分がベースのマシンRSについてほとんど忘れていたため、次記事にて追加記載いたします。

ではでは、

◉セドリック230型&330型覆面パトカー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093852j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093759j:image

まあ、なんというか、劇中の頻繁に登場するセドリック230型と330型の覆面パトカーです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183350j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183400j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183357j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183353j:image

(左:230型、右:330型)

2台セットなので、お得感があります。

マシンXなどスーパーマシンが登場するまでは、大門ら西部署の刑事たちの脚となり、盾となった車両なので、影の主役、縁の下の力持ちというべき車両ですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183429j:image

そのような車両ゆえ、ずっと欲しかったです。

セドリックの覆面パトカーは、TOMY時代のトミカで1台、アオシマの1/64サイズで1台購入済みでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183443j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183446j:image

(左:1/64サイズ、右:1/43サイズ)

ですが、やはり1/64サイズでもっと欲しかったので、今回購入いたしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023212135j:image

覆面パトカーは、カーアクションの末車体がべこべこに凹んだり、横転したり、爆破したり、海へ突っ込んだりと、覆面パトカーの最期は残酷なものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093605j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023234325j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093610j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093602j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093600j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093607j:image

ですが、それもまた覆面パトカーの魅力だと思います。

 

スーパーZ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019165028j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205838j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205844j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205847j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205841j:image

トミカ底部の文字は、このようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023211011j:image

スーパーZ仕様になってますね。

スーパーZはボンネットの催涙弾発射装置と、スカンクと呼ばれるリアバンパー下部の煙幕発生装置が特徴的です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183536j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023211548j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023183533j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210205j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023211629j:image

スーパーZはこれと、ガルウィングも特徴的ですが、さすがに窓ガラスは固定です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205702j:image

トミーテックではないですが、前に購入した初期型スーパーZは、ガルウイングが開いている状態でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205915j:image

内部も上記の装置のみですので、珍しく助手席、後部座席がございます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205936j:image

装置自体は運転席に集結してますので、おそらく木暮課長のガゼールくらいまとまったスーパーマシンではないでしょうか。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205941j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023205938j:image

このスーパーZ、上画像を見ていただければ分かるのですが、実はこれ、西部警察PARTⅢ第14話の元レーサー・深町英雄(演:長塚京三さん)が作った「偽スーパーZ」です。

そのため、本家スーパーZと分けるためかパトライトがありません。

でも、パトライト収納部はあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210119j:image

スーパーZなので、ボンネットにあるのは催涙弾発射装置ではなくマシンガンですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021094026j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021094028j:image

深町はスーパーZのせいで大門に捕まったと思い込み、同じスペックの車両で決闘するためにスーパーZを作るのですが、ナンバープレートまで同じに仕上げてあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210138j:image

偽物でも、これは嬉しいです。

というか、これは初登場時のスーパーZの状態なので、車両だけなら本物のスーパーZと同じですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210257j:image

登場時のナンバープレートは「品川59 た35-27」で、PARTⅢの時と異なるんですよね。

GT-Rの覆面パトカーから取ったパトライトをつければ、本物のスーパーZのようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210314j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210317j:image

TOMY時代のトミカスーパーZを持っているので、西部警察PARTⅢ第14話「マシンZ・白昼の対決」の富士スピードウェイの決闘シーンができそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210442j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210440j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210445j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093449j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093452j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093454j:image

この回には、スーパーZ登場回には出てこないスーパーZの図面が登場します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093346j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093348j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211021093351j:image

こういうのは、少しでも映ると堪りませんね!

スーパーZやマシンXなど、西部警察の特殊車両ミニカーには専用の外箱も付属で付いてきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210517j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210522j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210520j:image

これは嬉しい。

外箱の使用は、他のリミテッドビンテージのミニカー同様の仕様です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023210555j:image

なんだか、セドリック覆面パトカーとはえらい違い...。

 

 

次は残りのマシンRS-1、マシンRS-3ですが、多分次回ではなく次々回あたりになると思います。

マシンX化

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023035657j:image

は?

と思われてもしょうがないかも。

私も驚きました。

坂本龍馬がs&w  m29 8&3/8inchを持っているのです!!!!!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023035743j:image

制作はBS11で、最近作られた歴史探究ものの「歴史科学捜査班」という作品です。

実際に龍馬が持っていたのは同メーカーのmodel2アーミーですので、こりゃえらいこっちゃです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023035931j:image

時代劇で44マグナムが出てくることはありますが、まさか歴史探究もので登場するとは...。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023040025j:image

こんな元込め六連発を持ってたら、暗殺されねえだろうなぁ。

で、今回は何をするかというと、トミカプレミアム・スカイライン2000ターボGT-E・S(通称ジャパン)をマシンXにするという事です。

 

 

ではでは。

途中経過を撮影していないので、元のスカイラインからいきなりマシンXになります。

これがモデルの1/64サイズのスカイライン2000ターボGT-E・Sになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133214j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133217j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133209j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133212j:image

まあ、特に言うことはありません。

 

で、これがマシンXっぽくしたスカイライン2000ターボGT-E・Sです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133538j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133217j:image

ぱっと見は変わらないですね。

車体側面から見ると、最新鋭の科学装置が集結した装置が、窓から出ているため、通常のスカイライン2000ターボGT-E・Sと異なることがわかります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133757j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133852j:image

内部はこのようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023133824j:image

助手席を取るのが難しかったです。

レジンで直方体を作り、黒色の色紙が無かったので、新聞紙を黒く塗り、貼り付けました。

当初は黒い四角いものを載せるつもりでしたが、あんまりにも味気ないためプラモデルのスーパーZの金属パーツを貼って、装置感を出しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134211j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134214j:image

電話や車載カメラ、サーチライトは妙案が無かったため、作っていません。

トミカGT-R覆面パトカーから取ったパトライトを乗せます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134125j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134417j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134514j:image

次は内部内部に乗せます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134455j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134450j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134453j:image

パトライトは装置の一番上に乗せているのですが、装置が大きくパトライトが入るスペースがないので、このようになりました。

一応フロントグリルのレーダー・スピード感知器は、それっぽいものをつけました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134654j:image

この大きさで円2つまで作ることは、自分の技術的に厳しいため黒い板で表現しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134818j:image

本物はこのようになっています。

 

TOMY時代のマシンXと一緒に。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134906j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023134904j:image

TOMY時代のマシンXも加工したいですが、それはもったいないのでこのままにします。

タイトルロゴと一緒に。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211023135001j:image

まあ、こんな感じです。

 

 

早くリミテッドビンテージのマシンXが欲しいんですけどね、どうもネットオークションとかあんまり好まないので、後回しになってしまいます。

特命刑事にて

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016072023j:image

マッドポリスの続編である特命刑事、その特命刑事第9話「300億を奪い返せ!」で珍しいものが登場していたので、記事に致します。

 

 

大激闘マッドポリス‘80は、以前何度か記事にしています。

マッドポリス関連1 - 近江屋の御隠居の生存記録

マッドポリス関連2 - 近江屋の御隠居の生存記録

マッドポリスは、日本全土を掌握しようと企む巨悪・ジャパンマフィアの壊滅のために設立された組織。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155628j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155626j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155630j:image

そのため毎回ジャパンマフィアの幹部や資金源の組織を倒していきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155702j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155704j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155708j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155734j:image

しかし、ドラマの内容の無さやあまり人気がなかったため、ジャパンマフィアは一番の資金源であるヘロイン精製工場を潰されて、資金不足で壊滅という落ちになってしまい、次週からは「特命刑事」とタイトルを変えられてしまいます。

メンバーも2人増え、警察上層部からの特命で動くようになりアジトのセットも少し変えられていました。

 

まあ前置きはこのくらいで。

特命刑事第9話「300億を奪い返せ!」は、北海道開拓費300億の輸送警戒の任を受けた特命刑事マッドポリスの一人・緑川悠子がその300億強奪一味に奪われ、薬により輸送ルート等を自白させられ、タイトル通り300億が奪われてしまいます。

そして悠子の記憶を辿り、廃工場に向かう特命刑事は、撃ち合い中逃げた首魁を追います。

その首魁を追うときに、特命刑事から加入した清川(演:桜木健一さん)が、ある銃を使います。

それがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153441j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153444j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153439j:image

このシーンにしか登場しませんでした。

電着ランダルカスタムらしいです。

私はレミントンm1887ショットガンかと思いました。

マッドポリスではM16E1やM31、豊和m300カービンなどなど、色々な銃器が登場しますが、これは初めて目撃しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155934j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153537j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153534j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016153542j:image

敵側もM1カービン(おそらくタニオアクション)やM16A1、グリースガンなどを使っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016154128j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016154123j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211016155854j:image

ランダルカスタムはエアガンやガスガン、モデルガンでモデルアップされてますね。

私はKTWのエアコキランダルカスタムを持っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060426j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060438j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060451j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060629j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060626j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060634j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060632j:image

劇中のようにコッキングを。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060438j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060755j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211019060801j:image

ループストックということもあってか、73カービンよりコッキングがしにくいです。

これで特命刑事マッドポリス関連の銃器が増えました。

因みに、大学時代サバゲーをやっていた時、まだ長物を買う前はこれを使っていました。

 

 

ランダルカスタム、ガスガンのものも興味あります。

しかし、どうせなら73カービンのMGC製モデルガンも欲しいです。

妙案か?リキのリボルバーカービン!!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017155729j:image

今年の2月ごろにも製作をしていたリボルバーカービン。

ベースはナポレオンソロに登場するアンクルカスタムで、それをリボルバー版にしようとしていました。

アンクルカスタムベースのカスタム - 近江屋の御隠居の生存記録

アンクル風カスタム2 - 近江屋の御隠居の生存記録

アンクル風カスタム3 - 近江屋の御隠居の生存記録

...結局、このストックやエクステンションバレルは頓挫しました。

それから月日は経ち、今度は既製品を使ってリボルバーカービンにしようと思いつきました。

使用する既製品はストックで、ヨネザワの鼓弾のアンクルカスタムののストックを使用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017154124j:image

アンクルカスタム! - 近江屋の御隠居の生存記録

今回は、本体とストックを繋げるアタッチメントの製作についてです。

 

 

アタッチメントのみの製作のため、加工しやすく軽いものを、家の中から探しました。

ちょうど良いものがございました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060429j:image

LEGOブロックです。

今回はグリップで挟むのではなく、工の字に差し込みますので、LEGOをこのように組みました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060544j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060546j:image

LEGOを工の字になるようにし、工の字に差し込みます。

このままではLEGOが厚く、アンクルストックに入らないため、角を面取りし凸部を半分削りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060723j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060734j:image

少し削り過ぎたので、レジンで肉盛りし、ずり落ちないようにしました。

これでアンクルストックに差し込んでも、落ちません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017060828j:image

固定はできました。

本体は前のアンクルストック同様に、本体のグリップで挟み込んで固定します。

アルミでは弱く、ステンレスでは加工性が悪いので、真鍮の薄板を使用します。

今回はMGC44マグナムとタナカワークスM29に使えるように、2種類アタッチメントを作りました。

兼用したかったのですが、フレーム幅が0.45㎜ほど異なるため、それが叶いませんでした。

それで、薄板を切って上のLEGOに付けたものがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017061227j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017061233j:image

真鍮のみの画像は撮り忘れたため、接着後の画像になります。

接着剤により、真鍮とLEGOの間に隙間が生じてしまうため、レジンで埋めます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017085705j:image

とにかくレジンを固めたかったため、10分以上ライトを照らしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017091851j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017091857j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017091902j:image

接着は問題なさそうです。

 

いよいよ、MGC44マグナムやタナカワークスM29に付け、ヨネザワアンクルカスタムのアンクルストックを取り付けます。

ここで毎回何かしらありますので、ちょいと緊張します。

まずは、やはりリキのマグナムのMGC44マグナムからですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153412j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153409j:image

MGC44マグナムは、劇中スクエアグリップのものがカービンになっていましたので、グリップを劇中に寄せてスクエアグリップにします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153438j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153441j:image

持った感じ、アタッチメントは気になりませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153552j:image

では、ストックを付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153619j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153621j:image

悪くないです。

スコープを付けたいです。

タナカワークスM29は、オーバースクエアグリップでカービンにします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153708j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153710j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153713j:image

こちらも、握った時アタッチメントが邪魔になることはありませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153919j:image

ストックを付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017153816j:image

まあ、上とあまり変わらないですね。

ストックを肩にしっかり押しつけて狙うことは、やはり接着して固定したため厳しそうです。

これ、自分は妙案だと思ったのですが、ヨネザワのアンクルカスタム持ってないと使えない案ですね。

...そこまで考えてなかった。

ちょっとは近付いたと思いたいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017155825j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211017155828j:image

後ろ側からの眺めは、良いと思います。

 

 

本日はTwitterで遠回しにdisられたり、リサイクルショップにて西部警察のリミテッドビンテージを3台も購入できたり、変な1日でした。

MGC:M31RS2ライアットショットガン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009233616j:image

この間、加山雄三さん主演の「狙撃」、レンタルして視聴しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009233452j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009234748j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009234712j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009234715j:image

※本編はカラーです。

そこでようやくモーゼルm712の劇中プロップを見ることができました。

チャイナマフィアに雇われた凄腕の殺し屋・片倉(森雅之さん)、彼の武器がモーゼルm712。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009233400j:image

素早くモーゼルを抜き、一瞬にして標的を射殺します。

銃声より早く弾を発射するモーゼル拳銃(劇中表現)に、松下(加山雄三さん)はどう挑むのか?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211009233758j:image

ラストの対決は必見です。

 

 

今回は、前回予告した通りMGC:M31RS2ライアットショットガンの使い方や動作についてです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024002j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024009j:image

まずは付属の5発分シェルを、本体のマガジンチューブに入れます。

本体フレーム下側の、ローディングポートから1発ずつ入れていきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024028j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024105j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024120j:image

マガジンチューブには5発入ります。

この装填したシェルを、発火させずにマガジンチューブから出すには、フレーム側面にあるディスロードボタンを押します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024152j:image

ここを押すとシェルストッパーが外れ、全弾抜くことができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024209j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024207j:image

↓シェルストッパー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024224j:image

まあショットガンなので、先台...じゃないフォワードグリップを手前に引き、再び前方に戻せばシェルの装填&コッキングが完了しますので、発射可能です。

一応手順を載せて置きます。

フォワードグリップを手前に引く

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024251j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015024253j:image

②シェルがキャリアーによりマガジンチューブから送られるのを確認

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025123j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025118j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025120j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025125j:image

フォワードグリップを前方(元の位置)に戻す

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025148j:image

これで発射可能ですので、あとは引き金を引けば撃つこと、発火を楽しむことができます。

また、引き金を引かずにフォワードグリップを使ってシェルを‪排莢‬させるには、アンロッキングレバーを引き、フォワードグリップを動かして‪排莢‬します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025215j:image

↓アンロッキングレバー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025201j:image

銃なのでセーフティがついています。

セーフティは、引き金後ろ側のこのピンになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025252j:image

これをフレーム左側押すとロック、フレーム右側(同心円のある方)から押すと発射可能になります。

◉ロック

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025312j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025315j:image

◉発射可能

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025252j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025330j:image

動作自体はこれくらいで、リボルバー並に単純です。

手入れや掃除程度の分解はかなり簡単にできます。

ただ、完全分解でシェルストッパーも分解すると送弾が起こり、これを程よい位置にするのは至難です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211015025352j:image

いまだに程よい位置になっておらず、シェルが無送弾又は過送弾されてしまいます。

さらに、シェルストッパーのピンが外れるという不具合が起こりました。

今は瞬間接着剤&本体穴拡張をし、様子を見ています。

できれば、パーツ単体でシェルストッパーが欲しいです。

 

このショットガン唯一の弱点部分の手入れも行いました。

分解はーを外すだけで、ネジ2本外せば簡単に取り外せます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211010222552j:image

この櫛で指している部分は、プラスチックに金属部品が直に当たる部分です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211010222601j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211010222630j:image

団長のようにガチャガチャ動かすとなると、何度も金属部品がプラスチックに当たり、割れてしまうそうなのです。

なので、クッション材をつけます。

ゴム板は持ってないので、DAISOの薄い合成革を2枚重ねて貼りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211010222641j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211010222648j:image

これで、何もしない状態よりは長持ちすると思います。

 

 

今から何十年も前に発売されたものなので、今完璧に動く状態にするにはかなり手入れをしなければなりません。

私はまだにわか以下の知識ゆえに、全然良品にはならないです。

今のモデルガンとは違い、まあ難しいです。

懐かしいもの

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011033210j:image

先にMGC:M31RS2ライアットショットガンの記事をと思っていたいですが、久しいもの、懐かしいものを見つけたので、先にそちらを記事にいたします。

MGC:M31RS2ライアットショットガンの記事は、この次になります。

 

 

今回の記事は、必殺シリーズのプロップについてです。

必殺シリーズと一言にいっても、その数は非常に多いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011121503j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011121501j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122028j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122022j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122025j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122020j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115652j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115639j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115649j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115647j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115644j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115654j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115637j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115642j:image

まだまだ、これは氷山の一角です。

中学~高校3年くらいの頃、今から5、6年前までは必殺シリーズくらいしか時代劇を知らず、その分プロップ製作や購入に力を入れていました。

何回か記事にした、仕置屋主水十手こと八州番太十手(楠流十手)のその一つです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011123345j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115816j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011123401j:image

これは大学2年時に作ったものなので、ちょっと時期はずれるのですけどね。

 

現存してる私が作ったプロップはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115857j:image

左から

です。

まだまだあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115854j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115859j:image

左から

仕込み手鏡は、裏側の「南無阿弥陀」を厚紙切り絵の要領で切り抜き、表現しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115902j:image

なんと表記すれば良いか困る、夢次の飛び道具。

煙管をたばこ入れに刺し、からくりを動かして針を飛ばすため、「仕込みたばこ入れ」としました。

これは既製品のたばこ入れを合わせて、既製品の煙管を塗装し、火皿に塗装したクッション材を詰めております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115849j:image

これに綿で作れる紫煙をつければ、さらにそれっぽくなりますね。

次、左から

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115851j:image

です。

...ほんと、これなんて言えばいいでしょうね(^^;;

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115847j:image

これは1/6ほどの大きさです。

プラモデルの廃材で作ったため、そのくらいの大きさになってしまいました。

こちらの水晶の指輪は、UVレジンで半透明のレジンを固めて作りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011115844j:image

水晶の大きさは型に依存するため、劇中プロップよりは小さめにできています。

自作は、次で最後です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122606j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122614j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122611j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122609j:image

これは全て仕込み三味線です。

上2つは必殺からくり人富嶽百景殺し旅の出雲のお艶、3枚目は必殺SP仕事人vsオール江戸警察の太棹の新之助の仕込み三味線を模しています。

刃は全て着脱式です。

 

ネットを通して購入したプロップはこちらです。

まずはこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011131355j:image

必殺仕掛人藤枝梅安セットです。

  • 巾着
  • 黒子頭巾
  • 仕掛針
  • 手袋
  • 看板(紛失のため、画像無)

これらがセット内容になります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011141901j:image

針は大小合わせて6本(3種類✖️2)です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122902j:image

手袋をして、針を持ちます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122938j:image

頭巾は、まだ自分の頭に合いました。

オーダーメイドでは無いので、人それぞれ合う合わないがあると思います。

次はこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122952j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122933j:image

左から

  • 手槍(必殺仕置人・棺桶の錠)
  • 手槍(必殺仕事人Ⅴ激闘編・鍛冶屋の政)
  • 枕ヘラ(必殺からくり人・夢屋時次郎)
  • ライデン瓶(必殺仕事人Ⅲ・西順之助)

です。

順之助のライデン瓶は、音と光を楽しむことができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122927j:image

部屋の明かりを消しますと、こんな感じです。
f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122910j:image

赤い灯が、点滅するような感じで光ります。

次はこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122949j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122941j:image

左から

です。

助け人・平内の煙管は、雁首に牡丹、吸口に獅子、火皿に煙草が施されています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122905j:image

やいとやの火種は、針が2本ついています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122916j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122908j:image

また、炭はライトで再現されており、スイッチでON OFFできます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122856j:image

部屋の明かりを消すと、こんな感じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122955j:image

電池変えたばかりなので、結構明るいです。

次はこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122930j:image

左から

  • 後期主水十手(必殺仕事人・中村主水)
  • 簪(必殺仕事人激突!・餝り職人の秀)
  • 簪(新必殺仕事人・餝り職人の秀)
  • 鑿(必殺仕事人・餝り職人の秀)

です。

まあ、特別珍しいものでは無いので、ここはこれで終わります。

次は、以前Twitterでも紹介したものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122919j:image

新必殺仕置人の鋳掛屋の己代松の竹鉄砲です。

己代松お手製の指火式竹鉄砲で、劇中では2間(約3.6m)まで鉛弾を飛ばします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135142j:image

己代松は、他にもサプレッサー付き、多銃身、手榴弾、抱え大筒、狙撃用ロングバレルな竹鉄砲を作って、仕置時に使っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135354j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135359j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135402j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135349j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135357j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135352j:image

結構開発しても、2間以上は出せなかったです。

最後は、この3つです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122946j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122859j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122854j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135539j:image

上から

  • 懐剣(必殺必中仕事屋稼業・侍くずれの政吉)
  • 剃刀(必殺必中仕事屋稼業・知らぬ顔の半兵衛)
  • 櫛(江戸プロ必殺商売人・髪結兼箱屋の新次)

です。

商売人は、正式名称「江戸プロフェッショナル必殺商売人」です。

剃刀と櫛は本物で、プロップというよりは実用品です。

剃刀は、裏面に標章の刻印があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122935j:image

懐剣と合わせると、仕事屋の2人の道具になりますね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011122913j:image

櫛には、柘植で作られていることを表す「本つげ」の印があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211011135554j:image

この櫛は、今はドール用の櫛になっています。

当たり前ですが、購入したものの方が多いです。

 

 

だいぶ画像が多い記事になりました。

まあそりゃ何年もかけたんだから、これだけ集まりますよ。

これだけ画像を並べて思ったことがあります。

「日本刀が1つもない。」