近江屋の御隠居

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

俺たちの勲章にて

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724053525j:image

「俺たちの勲章」という作品、タイトルは知っていましたが、本編は初めて視聴しました。

今回は、その「俺たちの勲章」の感想や、登場した銃器について

 

 

この「俺たちの勲章」は、松田優作さん&中村雅俊さんのコンビが事件を解決するもので、第3話まで見た感じだと、熱い刑事ドラマというより、しっとりとしたような感じの青春刑事ドラマに思いました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724055326j:image

舞台は横浜の「相模警察」なのですが、第1話から甲府(山梨県)に出向き、第3話では伊良子(愛知県)に出向いたり、必ず横浜で何かしら起こるのでは無いみたいです。

事件解決してスッキリ、ではなく、後に残るような感じで終わるので(後味が悪いというものでは無い)、江戸の旋風や右門捕物帖(杉良太郎版)のようなものを感じました。

 

私はまだ第3話までしか視聴していないので、とりあえず第3話までで主役の刑事たちが使用した銃器を。

まずは、松田優作さん演じる中野刑事の拳銃。

中野刑事の拳銃は、44マグナム6.5inchで、スクエアグリップにグリップアダプターの組み合わせでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724062903j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724062906j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724062957j:image

この組み合わせは人気ですね〜。

ダーティハリーで一躍有名になったm29、あれはオーバースクエアグリップでしたが、日本ではオーバースクエアと同じぐらいスクエアグリップ+グリップアダプターも人気なのではないのでしょうか?

私はこの組み合わせは大好きです。

また、中野刑事の44マグナムは、シュラウドにハイパト同様の四角い穴を見つけました。

大江戸捜査網などの時代劇に、たまに登場するものと同じだと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063247j:image

なので、MGCの初期型44マグナムですね。

私もMGCの6.5inch44マグナムと、Nフレーム用グリップアダプターが欲しいですね〜。

 

次は、中村雅俊さん演じる五十嵐刑事の拳銃。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063338j:image

五十嵐刑事はコルトガバメントを使用します。

しかし、銃の使い方はイマイチで、第1話ではセーフティの事を知らず、「弾が出ない!」と焦っているシーンがありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063354j:image

五十嵐刑事は中野刑事から、短くて呼びやすいということで「アラシ」と呼ばれていました。

「アラシさん。」と呼ばれて「五十嵐です。」と訂正するシーンは今後もありそうです。

 

最後に、第1話、第2話で犯罪者が持っていたものを。

第1話では、犯人は拳銃にハイパトと思われるものを使用していました。

ラストでは、逃走時鉄砲店から強奪したM1カービンを使用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063644j:image

無加工M1カービン、初めて見ました。

犯人は、妻が目の前でヤクザに乱暴されたため、その復讐のためにヤクザを射殺したというもので、なんとも哀愁のある犯人でした。

第2話では、なんと無加工M16E1が登場しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063829j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063832j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063823j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063826j:image

狙撃鏡まで載せちゃって^ ^

これは驚きました、嬉しいです^ ^

この回の犯人は狂った野郎で、戦争がしたいという願望から戦争生還者の黒人と組み、銃の撃ち方、人の殺し方を教わり、俺の戦争と称して無差別殺人を繰り返すキチガイでした。

石橋蓮司さんが上手く演じます!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724064843j:image

冒頭では、MGC製と思われる分解図も登場します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724063954j:image

yonyonというサイトでMGC製M16E1/A1の分解図を見たところ、上画像とほぼ同じでした。

MGC_M16

いや〜、まさかフロントサイトにキャリングハンドルがついたままのM16E1が拝めるなんて...(゚∀゚)

この回の犯人、遠眼鏡の代わりに狙撃鏡を使っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724064118j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210724064125j:image

「最も危険な遊戯」の鳴海昌平もそうなのですが、皆狙撃鏡を遠眼鏡にしますね。

 

...実は私もやった事あります(^^;;

 

 

「俺たちの勲章」、とりあえず第1巻をレンタルして試聴したのですが、青春刑事ドラマを初めて見た身としては面白いという印象を受けたので、継続してレンタルしようと思います。

野性味が薄い松田優作さんは初めてですので、なかなかに新鮮でした。

いや〜堪んないっすね〜

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723154109j:image

今週、漸く「殺人遊戯」「蘇える金狼」を視聴致しました。

松田優作さん、色気もありつつあの野獣のような感じは流石です!

かっこいいですね〜^ ^

 

 

まずは「殺人遊戯」から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723154121j:image

「殺人遊戯」は、前作「最も危険な遊戯」よりガンアクションシーンが増えた分人間ドラマ的な部分は減っている印象でした。

また、人質救出、大物の暗殺みたいなものはなく、ヤクザのイザコザに巻き込まれてというような感じでした。

前回同様、今回も殺しの依頼主に裏切られます。

前に「最も危険な遊戯」のガンは紹介しました。

魅せられて - 近江屋の御隠居

今回は「殺人遊戯」に登場するものを。

こちらは拳銃くらいで、前作のm1カービンは登場しませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723155750j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723155747j:image

まあ大物の暗殺ではなく、ヤクザ2組の壊滅ですから、拳銃の方が取り回ししやしですもんね。

本作で登場するガンはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184546j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184550j:image

  • 44マグナム 8&3/8inch スクエアグリップ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184608j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184618j:image

画像はマグナムはMGC製、ガバメントは東京マルイ製のものです。

多分劇中のものはどちらもMGC製で、ガバメントはGM2というモデルガンだと思います。

44マグナムはスピードローダーを使って素早く装填しますが、ガバメントの方はおかしな‪排莢‬をします。

それはぜひ本作を見て確認して下さい。

 

次は「蘇える金狼」です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723154231p:image

蘇える金狼」は、アホな私にはちょいと難しかったです。

野望ギラギラな東和油脂経理部社員・朝倉が

  • まず1億円強奪
  • 東和油脂経理部部長の愛人を籠絡し、内部事情を聞き出す
  • 1億円分の紙幣番号が全て控えられていたため、市議会議員・磯川に接触し、1億円をヘロインに変換

途中略(朝倉があまり関係しないため)。

  • 東和油脂興信所の私立探偵・石井らの裏切りから、朝倉は重役たちから石井一味の殺しの依頼を受け、始末
  • 依頼主の東和油脂重役の裏切りを受け、東和油脂の株・200万株と重役昇進を条件に出し、それをせしめる

こうして、朝倉は重役に昇進し順調に金も名誉も得ていたが....。

と言ったところですかね。

冴えないサラリーマン姿の朝倉、裏の顔の朝倉と、いろいろな松田優作さんを見ることができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160208j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160222j:image

松田優作さんの冴えないサラリーマン姿、様になっていますが、あの風態であのダミ声って...(^^;;

底辺から大企業の入社し、非合法な手段で大金と重役の座を獲得する朝倉は、やはり松田優作さんだからできる役だと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723161635j:image

カウンタックまで購入しちゃって、でも当時の優作さんって運転免許持ってるのですかね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160448j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160411j:image

早朝の街を運転して、嬉しさのあまり大笑いしちゃっています^ ^

アクションは市議会議員・磯川との取引時ぐらいで、派手なアクションはあまりないように思えました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160305j:image

蘇える金狼ではパックマイヤーグリップのパイソンを使うと聞いていましたが、その取引時のアクション時に使用するくらいで、手入れのシーンを見ないとグリップまで確認するのは難しいと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723160400j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723174633j:image

蘇える金狼、やはりラストの空港を歩く朝倉のシーンでかかる、前野曜子さんが歌う「蘇える金狼のテーマ」が映像とマッチして物凄くカッコいい!

ラストのラストでここまで盛り上げるか!と思いました。

前野曜子 蘇る金狼のテーマ - YouTube

本作で朝倉が使うガンはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184633j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184639j:image

  • コルトパイソン 4inch(劇中パックマイヤーグリップ)

朝倉が所持していたのはこれくらいで、あとは殺しの依頼をした東和油脂重役が渡したもの、重役の裏切りから、撃たれそうになった時に重役から奪ったもので、それはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184648j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723184654j:image

  • コルトニューローマン 2inch

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210723161650j:image

  • コルト32オート

です。

多分どちらもMGC製のものを使用していると思います。

コルト32オートは、私がまだ1挺も持っていないので、画像はネットのものを使用いたしました。

いつかはMGCのコルト32オート、欲しいですね〜。

日活でよく使われているため「日活コルト」とも呼ばれています。

小林旭さん主演「ギターを持った渡り鳥」でも使われるみたいですので、近々視聴して確認したいです。

 

 

次は遊戯シリーズ最終作「処刑遊戯」を視聴ですかね。

松田優作さん作品なら、大都会PARTⅡのトク(徳吉刑事)や太陽にほえろ!ジーパン刑事が見たいですね。

特にジーパンカスタムのミリポリ調ハイパトを、見てみたいですからね〜。

モデルガンライフ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102932j:image

またまた無駄遣いしてしまいました。

でも、私の今までの記事を読んでいただければ、購入する気持ちは理解していただけると思います。

って事で、今回はまたまた購入したモデルガンについてです。

 

 

それが、こちらです!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101656j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101717j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101722j:image

  • MGC:ヘビーデゥーティー44マグナム 8&3/8inch モデルガン

です。

いや〜、まさかジロー(大都会PART3万)&リキ(西部警察PART1)、遊戯シリーズの44マグナムが手に入ると思いませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720124106j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720124055j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720124101j:image

同じ形ではなく、全く同じものを漸く購入できました。

 

先ずは、東京マルイスコーピオンVz61 電動コンパクトマシンガンです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101743j:image

バッテリー変換アダプターが欠品のため、9900円(税込)で購入できました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101838j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101834j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101857j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101901j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102039j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102043j:image

スコーピオンは、この細身の曲銃床が良いですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102120j:image

m1カービンパラトルーパーとか、AKS47とかこういう細いストックは好きです。

交換アダプター、バッテリー、充電器を買わないと、試射できないですね〜(^^;;

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101931j:image

しかし、取説や付属品はありましたので、欠品はバッテリー変換アダプターのみのようです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101739j:image

衝動買いです。

登場作品は、西部警察PART1第93話「氷点下の激闘」くらいしか知りません。

しかも、その回に登場したスコーピオンは、‪排莢‬部分に狙撃鏡がついており、いかにも電着式のプロップガンだからこそできるカスタムになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101954j:image

また、劇中スコーピオンは実銃スコーピオンより銃身が長くなっています。

それは、付属の14mm逆ネジでサプレッサーをつけて伸ばそうと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102013j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102010j:image

全体。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102454j:image

これじゃ太い...。

 

次に、MGC:ヘビーデゥーティー44マグナム 8&3/8inch モデルガンです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102208j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102212j:image

こちらは税込6600円と安かったです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102315j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102304j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102307j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102310j:image

取説もあるのに、本体&カートリッジの外箱が無いだけでこんなに安くなるのですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102230j:image

8&3/8inchのような長銃身拳銃は、額一面に納めるのが難です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102423j:image

これで、西部警察PART1第57話「挑戦」の、犯人井原とリキの両銃が揃いました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102438j:image

まあ欲を言えば、アンクルカスタムはマルゼンのものが欲しいんですけどね。

 

これ、以前購入したMGC 44マグナム4inchの、スクエアグリップをつけることができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102516j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102525j:image

これがやりたかった。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720101758j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102544j:image

このスクエアグリップの44マグナム8&3/8inchと、記事にはしませんが最近到着したAGM:m1カービンを合わせると、ある殺し屋のセットになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102556j:image

度々私が題材にしている「最も危険な遊戯」で、松田優作さん演じる殺し屋・鳴海昌平のセットです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102617j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210720102620j:image

いや〜、嬉しいですね〜。

m1カービンがMP40とかAKS47系の曲銃床なら、完璧なんですけどね、そこはしょうがない。

 

 

リサイクルショップに行っても、MGCモデルガンのハイパトとかm29PPCカスタムとかは見かけないですね。

なんかMGC信者みたいになってますね(^^;;

CAWもHWSもタナカワークスもマルシンも東京マルイも好きだぞ。

再購入

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710152929j:image

本日7/10は、小林太三氏がコルトローマン、コルトトルーパーのMKⅢの設計が終了した日ですね。

46年経った今でも充分可動する、素晴らしいモデルガンです。

以前私は東京マルイ・コルトパイソンPPCカスタム 6inchを購入し、クラウンのパイソンに銃身を移植しました。

初めてのアレンジ - 近江屋の御隠居

しかし、テレビに登場するPPCは4inchで、6inch(正確には6.5inch)はm29PPCカスタムの方です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709225246j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709225243j:image

したがって、改めてテレビに登場する4inchを購入しました。

 

 

上記の通りです。

購入したものがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709230157j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709230204j:image

4inchですので、銃身は短いです。

6inchの方が壊れてしまい、直せなかったので再購入した次第です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161817j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161842j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161916j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161913j:image

東京マルイの10禁エアリボルバーのカートリッジは、チープながらも質感があってとても良いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161941j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710161938j:image

クラウンと違い、東京マルイのカートリッジは弾頭と薬莢で色が違い、結構薬莢感があって良いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162148j:image

スピードローダーもありますので、銃本体と共に飾っておくことができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162200j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162337j:image

リアルカートリッジリボルバーは、筒抜けシリンダーなのが良いところです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162615j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162635j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162631j:image

グリップのダミーネジの位置を見ると、パックマイヤーのラバーグリップを意識していると思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162708j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162705j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162701j:image

下がパックマイヤーのラバーグリップです。

唯一持ってるパックマイヤーのグリップと、ネジを差し込む方向、位置が同じでした。

劇中に登場するパイソンPPCカスタムはMGCのモデルガンで、グリップは木製です。

そのため、劇中PPCに近づけるには、グリップを塗装する必要があります。

まあそれはやればいいので、暇を見て行おうと思います。

サイトはこの様に見えます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162841j:image

大きいため、合わせやすいと思います。

10禁エアリボルバーですのでプラスチックで作られていますが、艶消しブラックが良い感じです。

 

このパイソンPPCカスタムを使用するのは、この方です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709225323j:image

西部警察PART1の終盤から登場し、PARTⅢ最終回まで出演する舘ひろしさん演じる鳩村刑事です。

劇中使用シーンは、私の画像フォルダにはこれしかありませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210709225328j:image

見づらいですが、4inchのパイソンPPCカスタムです。

せっかくですので、スズキ・刀と一緒に。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162917j:image

いや〜、西部警察に登場する銃器も着々と増えています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710162928j:image

このシリーズ、比較的集めやすいものの、オキと大将が使用するm29PPCカスタム 6.5inchのみ極端に集めにくいです。

ヤフオクで30万円以上つきますからね、凄い人気です。

 

 

今まではMGCかコクサイのモデルガンしかありませんでしたが、東京マルイが10禁エアガンで発売してくださったので、とても嬉しいです。

銃身を移植して、東京マルイのガスガンパイソンをPPCカスタムにしたいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210710163006j:image

東京マルイのものは一挺ありますが、それはそれで取っておきたいので、ジャンク品とかで購入する必要がありますね〜。

お〜、スクエアグリップ!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706091623j:image

ヤフオクで購入したものが届きました。

これで色々遊べます。

タイトル通り、今回はスクエアグリップについてです。

 

 

アルタモント・Nフレーム用スクエアグリップを購入しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143353j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143405j:image

裏側には、Nの刻印があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143440j:image

これをm29に付ければ、遊戯シリーズの松田優作さんの44マグナムっぽくなります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143512j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143506j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143501j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706144139j:image

かっこいいですね〜^ ^

グリップアダプターを付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143548j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143551j:image

オーバースクエアグリップも良いですが、私はこちらの方が好みです。

 

m29 6inchや6.5inchに取り付けると、ハイパト感が出ます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143615j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143609j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143612j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706144223j:image

いいですね〜、MGC・44マグナム感もあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143654j:image

まあm29は44マグナムなんですけどね(^^;;

 

このスクエアグリップ、あるモデルガンにも付ける目的もありました。

それがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706144044j:image

タナカワークス・m1917 s&w verです。

これにスクエアグリップをつけます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143911j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143914j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143917j:image

ミリタリーポリスっぽくなりました。

銃身付け根やシリンダー的に、ハイパトカスタムにも見えてきます(ジーパンカスタムはこのような形をしていました)。

昨日購入したグリップアダプターをつけます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143954j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706143951j:image

お〜、良いですね〜。

発火させたい(場所がない)!

 

 

グリップの付け替えは、なんとも着せ替え人形のようで楽しいです。

一応ドールオーナーであるので、やはり似たものを感じるのですかね。

最近はモデルガン本体より、グリップなどのアクセサリー収集にもハマっています。

散財....。

あれ?グリップアダプターって良くない?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705205636j:image

昨日横浜まで用事があったため、横浜のガンショップに行ってモデルガン用のアクセサリーを2点購入いたしました。

今回はそれも含めての記事になります。

 

 

今回購入したものはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705205228j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705205232j:image

  • タナカワークス・Kフレーム用木製ラウンドグリップ
  • タナカワークス・Kフレーム用グリップアダプター(ステンレス)

です。

グリップアダプターは眩い輝きですね。

グリップにはウェイトが入っております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705205934j:image

タナカワークスのKフレーム用ラウンドグリップは、ウェイトがないと薄いのでかなり軽くなってしまい銃身側が重くなってしまいそうなので、木製グリップにも入れてるのですかね。

これは、前記事で取り上げたタナカワークス・m327に使用するために購入しました。

買うべきか? - 近江屋の御隠居

この記事のm327にはハートフォード・m19 2.5inch用のラウンドグリップをつけています。

本日購入したグリップ&グリップアダプターをつけると、このようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085533j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085536j:image

私は結構好きです。

差分・グリップのみ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085611j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085614j:image

グリップとフレームがズレている、ぴったり合っていない部分はありますが、大体はフレームに沿っていますので、良かったです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085635j:image

ただ、ハートフォードのものより薄いため、アダプターがないと少し握りづらく感じます。

やはりリアルウッドは良いですね。

トイガンですが、一気に引き締まったような気がします。

 

今回購入したグリップアダプター、Kフレーム用ですが、同社のNフレーム拳銃につけてもあまり違和感がありません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085701j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085703j:image

また、MGC・44マグナムには丁度良い感じにフレームに合います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085725j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085721j:image

まあこれKフレームに44マグナムシリンダーをくっつけたようなモデルガンですもんね。

 

グリップアダプターはこれで2個目で、初グリップアダプターはコクサイ・m10オールドモデルについてきたものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085738j:image

このグリップアダプターは、グリップに対して細いためか、握りづらさを感じます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085753j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210706085758j:image

グリップがもう少し薄いか、グリップアダプターの幅がもうちょっと広ければ、丁度良いと思います。

 

 

本日はいよいよアルタモントのNフレーム用スクエアグリップが届くため楽しみであります。

ようやくm29 8&3/8inchをこのようにできます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705210759j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705210802j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705210823j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705210835j:image

リキやジローのようにオーバースクエアグリップのままでも良いですが、やはりスクエアグリップ好きの自分はこのタイプが好みです。

これだけでも良いですが、グリップアダプターをつけて握りやすくするのも、とても良いです。

買うべきか?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705022350j:image

そういえば、コルトパイソン4inchって、西部警察PARTⅡから加入しPARTⅢで退場する沖田刑事(演:三浦友和さん)が終盤で使用してましたね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705020651j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054610j:image

私は使用例を本編で見たことはありませんが、次回予告で確認しました。

沖田刑事といえばパイソンよりm29PPCカスタム6.5inchですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021131j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021125j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021128j:image

MGC製のモデルガンは、ヤフオクですね30~50万円で取引されるほど人気の商品、ほかに大将こと山県刑事や、太陽にほえろ!のブルースも使用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021205j:image

しかし拳銃のモデルガンで30万って...ハイパトより入手困難ですね(^^;;

(作った方が早そう...w)

前置きはこのくらいで、今回は、古式のリボルバーを現代風アレンジで作れるのではと思ったことについてです。

 

 

まず、今回の主題になる古式リボルバーはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021644j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705021642j:image

レマットリボルバーです。

これはパーカッションロック式のリボルバーで、シリンダーに8発、軸の部分も銃身となっており、こちらは散弾用の銃身となっております。

レ・マット・リボルバー - Wikipedia

計9発発砲できる面白いリボルバーです。

デニックスでモデルガン化されていますが、多分国内に輸入するのはモデルガン規制的に厳しそうです。

入手するのは無理か....?

 

しかし、8連発のリボリバーといえばこれがあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054631j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054634j:image

グリップは変えてありますが、s&w m327です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054750j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054756j:image

これはタナカワークスのガスリボルバーです。

購入目的は、上記リボルバーの代用に使えそうだから。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054716j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054724j:image

元々はラバーグリップが付いていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054913j:image

私はこのグリップがあまり好きではないので、kフレームサイズのラウンドグリップにしました(付けられたので)。

m327は、銃身下にレールがついています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705054655j:image

レールが付いていないモデルもありますが、今はそれは省きます。

レマットリボルバーは、散弾用の銃身もあるので、それにはこれを使います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210705022325j:image

ミニグレネードです。

これを銃身下部に取り付ければ、現代風レマットリボルバーになるのではないでしょうか?

それで本記事のタイトルが「買うべきか?」となっております。

 

 

私はグレネードはあまり好きではないですし、m327のシュラウドにミニグレネードの引き金が当たりそうで、取り付けできるかわかりません。

ほかに使えるエアガンを持っていない為、ミニグレネードを購入するのはリスクが伴います。

しかし、レマットリボルバーっぽくしたい、これ迷いますね〜。