近江屋の御隠居

時代劇関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

ヤフオクにて

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214824j:image

最近、ミニカーや模型にも興味を持ってしまい、車種は全然わからないのですが、何台か集めてしまいました。

タナカ・ルガーP08のマガジンを直そうとして、ガスがダダ漏れする事態になり新規購入せざるを得なくなったりで、自棄になってヤフオクにて落札したものもありますので、今回はそれについてです。

 

 

まず落札したものがこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231638j:image

です。

 

 

ではまず、TOMY 西部警察-スーパーマシンスペシャル-から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214911j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505215033j:image

こちらはサファリ、マシンRSを除く、西部警察の特殊車両のセットです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505215108j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505215116j:image

箱も特別仕様ですね^ ^

 

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230601j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230558j:image

流石にガルウィンドではないですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230605j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230608j:image

フォグランプはペイントです。

追加(210506)

ボンネットに塗装の割れ目を見つけてしまった(開封当初から気にはなっていた部分)。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210506030428j:image

こういうのって、爪とかで取りたくなってしまう。

  • マシンRS-1

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230730j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230722j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230719j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230726j:image

  • マシンRS-2

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230758j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230806j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230802j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230810j:image

  • マシンRS-3

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230859j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230835j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230917j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505230945j:image

  • ガゼール

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231023j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231013j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231017j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231020j:image

帆が張った状態で、オープンカー仕様ではありません。

トミカの限界もありますので、これはスーパーZのガルウィンド共々惜しいところです。

  • マシンX

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231158j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231208j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231201j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231205j:image

しっかり「2000GT TURBO」のペイントもあります。

恥ずかしながら、この中ではスーパーZくらいで、今回モデルアップされていないものなら、特殊車両・サファリとマシンRS-3の原型である、マシンRSくらいしかちゃんと見たことがありません。

ガゼールに至っては、存在は存じているものの劇中ではまだ一回も見たことがありません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214345j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505213900j:image

余談ですが、LEGOで何台か特殊車両を製作していますので、そちらもよかったら。

↓上記の記事のリンク。

西部警察の特殊車両 - 近江屋の御隠居

私はやはり、シンプルなマシンXと派手なスーパーZが好きですね〜。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231317j:image

スーパーZは、私がフェアレディZが好きなのもあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231335j:image

マシンRS1、2、3の原型のスカイラインを、この前トミカで入手しましたので、ちょっと比較してみます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231413j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231421j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231424j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231416j:image

うーんこの大まかな感じ...^^;

でも、横側のペイントはしっかりますね^ ^

よくここまで再現したと思います。

ノーマルモデルのスカイラインを改造し、マシンRSにしたいですw

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214227j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214220j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505214224j:image

もし作るなら、まあサーチライトくらいまでですかね。

 

正直出来具合はイマイチな部分もありますが、確か定価は3000円くらいで約トミカ6台分ですので、値段で考えれば相応だと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231555j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505231618j:image

もっと忠実な車両が欲しいなら、プラモデルを作るかトミーテックミニカーシリーズのものを購入した方が良いですね。

西部警察 | 製品紹介 | トミーテックミニカー

まあトミーテックミニカーシリーズは出来が良い分高価ですが...^^;

なので、このTOMYの特殊車両は飾るもよし、遊ぶもよしという感じですね。

書き忘れていました。

このミニカーが出たのは、タカラトミーになる前のTOMY時代みたいです。

 

 

次に、KOTOBUKIYA 創彩少女庭園・結城まどかです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233302j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233852j:image

これ、女子高生のプラモデルなのです。

大きさは、1/10で、figma程です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233820j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233830j:image

ガンダムや日本の名城、名刀拵、船舶など、様々なものがプラモデル化する中で、ついにKOTOBUKIYAは普通の女子高生をプラモデル化したのです。

変なというか、面白い時代ですね〜。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233903j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233912j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505233919j:image

ハンドパーツ、表情パーツなど、figma並みに揃っていますので、結構遊べます。

これは「創彩少女庭園」というシリーズで、ほかに二人います。

三人目はまだモデルアップ途中だったか?

 

最近はストレスからか散財が過ぎているので、この辺りでセーブしていきたいです。

さて、どうなることやら。

M16大門カスタム・PARTⅡ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023620j:image

今回は、ちょっと進捗があったので、M16大門カスタムの続きを記事にします。

 

前回の大門カスタムからの進捗は、あのパイプストックです。

↓前回の記事。

思い付きで - 近江屋の御隠居

この部分を、あるものを購入してもうちょっと劇中のモデルに近づけました。

 

購入した「あるもの」はこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505031345j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505031441j:image

言っちゃえば、「ただのアルミ棒」です。

100均でええやろと思われます。

私もそうしたかったのですが、一番近いDAISOに、アルミの針金が無かったので、模型屋さんで購入する形になりました。

 

上写真のアルミ棒で作ったパイプストックがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023651j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023700j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023707j:image

アルミですので、整形は容易でした。

まあ少しは近づいたのではないでしょうか。

一応厚紙でパイプストックの支柱っぽいものを表現しました。

付け根は、LEGOの十字穴がある部品で補強しています。

 

全体はこのようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023800j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023808j:image

差分・狙撃鏡無し。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023828j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505023835j:image

基のm4カービンと比較。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505024702j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505024710j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505024717j:image

大門カスタムの方が銃身が短いですね。

まあ画像を見て、だいたいで切り詰めたので当たり前ですが...(^^;;

 

みおさんに持たせるとこんな感じ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505031455j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505031502j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210505031509j:image

背景がバイクだと、団長というよりタツかハトですね。

まああとは塗装ですね。

 

塗装は好かないですが、塗装しないと見た目が悪いですから、スプレーあたりで塗装する予定です。

思い付きで

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055424j:image

モヤモヤした毎日、お陰で散財が止まらない。

そんなわけで、なんか作れそうなものを考えました。

今回は、まだ途中ですが思い付きで作っているあるプロップガンについてです。

 

その製作物はこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055437j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055449j:image

なんだかわかりますでしょうか。

私は数回しか見たことないですが、西部警察PART1終盤で、大門団長が使うM16カスタムです。

 

なんでこれを作ろうとしたか。

それは...
「ガチャガチャM4カービンを発見したから。」

です。

これがそのM4カービンです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055506j:image

ソットモップM4って奴ですかね?

私はどうも、こうあちこちにマウントレールがある鉄砲は好かないので、ノーマルM4の方が美しくて好きです。

 

製作について。

これはプラモデルのランナー部分を使って作っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055541j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055544j:image

また、フォアグリップにはLEGOブロックの部品を使っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055638j:image

銃身は特に拘ることろはありません。

難しいのは、あの特徴的なパイプストックです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055721j:image

今のところ、ランナーをガスコンロの火で炙って曲げて、足りない分は接着剤でつけています。

そのため、歪んでいますし曲がっていて、美しくありません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055708j:image

ここは要改良部分です。

ここが作れれば、後は塗装のみなんですけどね〜。

 

このM16、やはり狙撃鏡を付けた方が様になりますね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055822j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055831j:image

この長い狙撃鏡(名前知らない)がついてこそ、やはり大門カスタムな気がします。

 

このM16カスタム、大きさは1/6程度です。

なので、うちのみおさんサイズです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503055737j:image

ハンドパーツ的に持たせるのは厳しそう^^;

 

このM16カスタムの、リアルサイズは旭工房さんが製作していますので、下記にそのリンクを貼っておきます。

長物カスタム : 昭和刑事銃博物館

旭工房さんの技術、羨ましい限りです。

ネット検索したら、また面白いものを発見しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210503051909p:image

東京マルイ・M16ベースでの大門カスタムです。

まあほんとに真似るならキャリングハンドルを取っ払わなければなりません。

実は、私もこれを真似ようとした時がありますw

作れず仕舞でしたけどね〜。

23

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425010915j:image

今回は、自分の誕生日ということで購入した、あるエアーガンについてです。

 

ブログタイトルの「23」というのは、私の年齢です。

なんかタイトルが浮かばなかったので、年齢をタイトルにいたしました。

歳を取るっていうのが、だんだんめでたくなりつつあります。

 

前置きはこのくらいで、今回購入したエアーガンはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425213907j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425213926j:image

タナカワークス m29 8&3/8inch ガスガンです。

いやー、欲しかったので嬉しいです。

やっぱり長銃身リボルバーは良いですね^ ^

この銃身だと、私は西部警察PART1の、松田刑事ことリキが浮かんできます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425003324j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425011033j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425004336j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425004342j:image

寺尾聡さんは、日本一8inchリボルバーが似合う俳優だと思います。

 

いつも通り、色々な角度から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425213942j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214011j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214020j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214034j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214053j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214107j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214116j:image

ウィングスライド。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214130j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214156j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425213959j:image

撃鉄は、下画像このように撃針が引っ込む様になっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214240j:image

他のm29との比較画像です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214249j:image

やはり8&3/8inchは長いですね。

ですが、個人的に4inchも好みです。

 

値段は3万円くらいでした。今月はマルシンルガーp08と合わせて6万弱飛んでいますので、かなり痛い出費です。

そろそろお財布の方が…生活費も危なくなっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425214446j:image

ですが、かっこいいですし欲しかったモデルなので大満足です。

 

これで、西部警察関連のモデルガンが増えました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425012210j:image

平尾一兵刑事のブローニングm1910、リキのm29 8&3/8inch。

いやぁ、西部警察が見たいです^ ^

太陽にほえろ!より、スコッチもこれを使用しているようですね。

あちらはパックマイヤーのグリップを付けています。

 

そういえば、大激闘マッドポリス‘80第5話「シンジケートの女」で、ケイ三好が密輸していた拳銃、アイドル俳優の高樹健二が不法所持していた拳銃はマグナム44でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210425004854j:image

銃身長的に、8inchか8&3/8inchですね。

最近はこの趣味に加えてシューティングバーも発見し、よく行っていますので出費が著しく激しいです。

 

最近こんな記事ばかりですみません。

ネタがなかなか見つからないので...^^;

これでまだ生きられる。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413210559j:image

仰々しいタイトルですが、今回はまーたやっちまった所謂無駄遣いです。

 

今回購入したものはこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204344j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204403j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204351j:image

マルシン工業・ルガーp08 4inch 金属モデルガンです。

金属モデルガン自体欲しかったですし、店頭で実物を見せて頂いたら、我慢できなくなって購入してしまいました。

やっぱりカッコいいですし、金属だけあり重さが堪りませんね。

金属の光沢も物凄く素晴らしいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204449j:image

とりあえず、いつも通り色んな角度から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204529j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204705j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204725j:image

ちゃんとホールドオープンしますし、内部も見ることができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205217j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205214j:image

金属モデルガンだから光沢、輝きが素晴らしいのは良いですが、これ太陽光とか反射して狙いにくい気がします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413204811j:image

まあモデルガンですから狙撃することは無いんですけどね。

あと金属モデルガンですので、銃口は完全閉鎖されております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413211810j:image

規制されているのでしょうがないですが、これのおかげもあってか全体的に重くなっています。

 

このモデルガンはダミーカートリッジ仕様です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413211725j:image

そのため、マガジンにダミーカートリッジを込めることが出来ます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205427j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205052j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205056j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205049j:image

ダミーカートリッジ仕様だからこそ見ることができる、薬室に薬莢が送られる瞬間が素晴らしいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205341j:image

これを見るために買ったようなもんです。

 

ルガーp08といえば、私は先月タナカワークスの4inchガスガンを購入しています。

なので、マルシン金属モデルガンと並べてみましょう。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205529j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205712j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205740j:image

金ピカの影響があるのか、マルシン製の方がタナカ製より太く見えます。

モデルガンとガスガンですので、内部構造は異なるところがあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205829j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205905j:image

当たり前ですが、マガジンも外装以外は全く違います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413205939j:image

因みに、グリップの互換性はありませんでした。

 

このモデルガン、よくわからないパーツがついてきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413210152j:image

これ、ダミーカートリッジをマガジンに収納する時の補助用パーツみたいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413210212j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413210225j:image

でも、これが無い方が収納しやすいです。

 

マルシン製の方が、ショルダーホルスターに収めた時に映えます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210413210315j:image

金ピカ×木調グリップなのでですかね。

いやぁ、思いっきりマッドポリスの氷室キャップの影響を受けていると、つくづく感じています。

今日の購入物

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210409214400j:image

今回は、公用で浜松に来ましたので、終業後に新浜松駅付近のガンショップに寄って購入したものについてです。

上にも書きましたが、寄ったのは終業後であって仕事中には行っていませんよ。

 

先ず、購入物はこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230559j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408225532j:image

上から、

  • アルタモント・Nフレームスムースグリップ
  • C-Tec・44マグナムダミーカートリッジ
  • HSK・44マグナム用スピードローダー

です。

 

アルタモント・Nフレームスムースグリップ

アルタモント社のグリップは初めて購入いたしました。おそらくグリップに塗られているオイルとかの影響なのか、独特の香りがしますね。

グリップはスムースグリップのため、ツルッツルで美しいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230208j:image

グリップ内側にはNの刻印があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230239j:image

これはタナカワークスm29用に購入しました。

現在のm29のグリップは、下画像のようなオーバースクエアグリップです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408225919j:image

これをスムースグリップに変えるとこのようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230013j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230009j:image

オーバースクエアグリップより大きいですが、グリップ自体は薄いため、とても握りやすいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230334j:image

m29のスチールフィニッシュもですが、グリップもツヤッツヤで美しいため全体的に品が上がった気がします。

 

C-Tec・44マグナムダミーカートリッジ&HSK・44マグナム用スピードローダー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230738j:image

ダミーカートリッジは弾頭を外すことができ、外すとこのようなものが入っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408231417j:image

バネの復元力を利用して、プライマーがリムに収まるようになっています。

手元にダミーカートリッジを収納できるモデルガンはありませんが、このような写真を撮りたいためスピードローダー共々購入いたしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230716j:image

このスピードローダー、コクサイm29やMGC44マグナムのカートリッジにも使うかと思いましたが、両方とも44マグナムよりリム直径が小さいため使用できませんでした。

因みに、このダミーカートリッジとコクサイm29のダミーカートリッジはこのくらい差があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210408230924j:image

(左・コクサイm29、右・C-Tec)

長さ方向もコクサイの方が短いですね。

 

今回はアクセサリーばかりですが、グリップは多く集めてグリップ交換を行いたいので、良いものが買えました。

安価にアンクルカスタム

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330092752j:image

自分でも、この手があった!と思いました。

今回は、ようやく手に入れたアンクルカスタムについてです。

 

そのアンクルカスタムがこちら。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330092900j:image

トランスフォーマーの「破壊大帝メガトロン」です。

そういえば、初代メガトロンはピストルに変形することを忘れていました。

新品では購入できないので、リサイクルショップで未開封で売っているものを購入しました。

 

それでは、いよいよ開封を。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093047j:image

開封品ですので、状態は良く、備品は全て揃っています。

取説やシールも残っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093357j:image

これで分かる通り、初代メガトロンはピストルワルサーp38に変形します。子供用の玩具にしては渋いチョイスですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093323j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093319j:image

付属の赤い銃弾を入れれば、発射を楽しむことができます。

そのため、フレームに楕円形の穴が開いています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093834j:image

大きさは、子供用だからか3/4サイズくらいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093906j:image

アンクルカスタムになりますのでもスコープ、ストック、サイレンサー全て付いてきます。

 

まずはスコープ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093456j:image

中はこのように。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093632j:image

十字線やレンズはありませんでした。

 

次はサイレンサー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093720j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093716j:image

まあ、アンクルカスタムにつけるあのサイレンサーです。

 

最後に、アンクルストック。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093950j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330093947j:image

アンクルカスタム用の、あのシンプルなストックです。

 

それでは、これらをワルサーp38につけていくます。

スコープのみ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094051j:image

スコープ+ストック。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094104j:image

スコープ+ストック+サイレンサー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094224j:image

これであのアンクルカスタムになります。

本体が小さいので、アンクルカスタムにしても小さいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094311j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094314j:image

MGC製のモデルガンを買うより安価に手に入ったので、まあこれで良いですね。

 

本体のワルサーp38はこんな感じのサイズ感です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210330094456j:image

ブローニングm1910くらいの大きさです。

そういえば、西部警察Part Ⅰ第57話「挑戦」で、性格が原因で警察官になれなかった犯人役の鹿内孝さんが、リキを野球場?で狙撃する時に使っているのがこのアンクルカスタムでした。

ヨネザワだかが西部警察のブランドをつけてアンクルカスタムのワルサーp38をソフトエアーガンで販売していましたね。あれは確かツヅミ弾だったような気がします。

ヤフオクで調べると、10万円でした...^^;

 

追記(210330)

このワルサーp38は、破壊大帝メガトロンに変形しますので、めっちゃ軋みます。