近江屋の御隠居の日録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

最近の捕物時代劇も捨てたもんじゃない!! ~BS時代劇『大岡越前6』にて~

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062908j:image

驚きました。

ええびっくりしました。

今の時代劇って、細部も拘るようになったのですね。

私としては、とても嬉しいです。

 

 

 

 

今回は、こちらです。

  1. BS時代劇大岡越前6』の同心十手
  2. アイキャッチの十手比較
  3. ここは同じところ
  4. 個人的に嬉しいところ

です。

 

 

 

 

1.BS時代劇大岡越前6』の同心十手

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062924j:image

この大岡越前では、昭和期では江戸の旋風、杉良太郎さんの右門捕物帖や同心暁蘭之介でしか見れない、あの真鍮製銀流し十手を持っておりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062949j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062944j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062947j:image

驚きました。

昭和版の、加藤剛さんの大岡越前では、全く見なかったです。

まさか、大岡越前で真鍮製銀流し十手を見れるとは...これは驚きました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063049j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063018j:image

特徴を、以下に記します。

  • 手の内と太刀もぎの鈎が金鍍金されている
  • 手の内後端(緒付環部分)は、打たれたように太く広がっている
  • 緒付環はただの環で、水平回転はしない
  • 太刀もぎの鈎付け根は、一重の菊座金が施されている
  • 太刀もぎの鈎は、真っ直ぐ伸びている
  • 棒身のみ銀鍍金で、先細りになっている

このような感じです。

江戸シリーズの、特に江戸の渦潮唐木半兵衛が持っていた十手に、特徴が似ています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063121j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063119j:image

もしかすると、この十手の手の内の菊型鋲を抜いたものと、同じかもしれないです。

 

 

2.アイキャッチの比較

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063142j:image

まず、加藤剛さんの大岡越前アイキャッチを。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063200j:image

次に、東山紀之さんの大岡越前6のアイキャッチを。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063212j:image

一目瞭然ですね。

まさか昭和と令和で、アイキャッチの十手にここまで差が生まれるとは、思いませんでした。

東山紀之さんの大岡越前6のアイキャッチの十手、この十手の握柄を鮫皮にし、胴金を1つつけると、前記事で記述した中村吉右衛門さんの鬼平十手(レギュラー放送時ver)になります。

鬼平犯科帳・長谷川平蔵の十手を探る!! ~追悼・中村吉右衛門さん~ - 近江屋の御隠居の日録

 

 

3.ここは同じところ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063651j:image

同じなのは、やはり刀同様に十手も腰に差すところです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063702j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063713j:image

これは歌舞伎からの流れで、一目でお役人と解らせるための演出ですね。

王道時代劇ですので、こういう演出はあまり気にならなかったです。

それに、江戸の旋風シリーズも腰に真鍮製銀流し十手を差しますからね。

 

 

4.個人的に嬉しいところ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063738j:image

今回録画した第2話「盗まれた十手」では、稽古シーンから始まります。

この稽古シーンなのですが、よくある剣術の稽古ではなく、十手と剣術の稽古でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063800j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063758j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063755j:image

稽古用の木製十手が劇中に登場するのはです。

これは嬉しい演出です。

画像は無いですが、南町奉行所の御用提灯も、あの上側に模様があり真ん中に官庁名が入った御用提灯を使っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063845j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521063843j:image

画像はイメージで、これは同心暁蘭之介に登場した北町奉行所の御用提灯です。

 

 

 

 

正直、王道時代劇の十手面は鼻で笑っていました。

物凄く失礼なことをしたと思いましたが、今時の王道時代劇は、杉良太郎さん作品で拘りそうなところも、ちゃんとやり出したことが分かりました。

これは嬉しいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220521062858j:image

鬼平犯科帳・長谷川平蔵の十手を探る!! ~追悼・中村吉右衛門さん~

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515081505j:image

タイトル通りです。

4代目鬼平を演じられた播磨屋こと中村吉右衛門さん

中村吉右衛門さんは2021年11月28日、77歳でご逝去されました。

謹んでご冥福をお祈り致します。

 

中村吉右衛門さんといえば、やはり鬼平犯科帳・火付盗賊改長官 長谷川平蔵が有名ですが、TV時代劇では鬼平以外にも右門捕物帖・近藤右門(5代目)』斬り捨て御免!・三十六番所頭取 花房出雲』も演じられております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515031359j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515031402j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515031404j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515031407j:image

鬼平犯科帳といえば、来年ついに10代目松本幸四郎さんによって、5代目長谷川平蔵が誕生します!!

鬼平の誕生中村吉右衛門さんの追悼という事で、今回は中村吉右衛門さんの鬼平十手を見ていきます。

◉関連記事

新たなる鬼平・梅安 - 大河道 雷刃の雑想録

斬り捨て御免!・画質検証 - 大河道 雷刃の雑想録

 

 

 

 

項目です。

  1. 火付盗賊改・十手の特徴
  2. 4代目・鬼平十手の特徴
  3. 実物ならどれが近いのか?

これで行きます。

 

 

 

 

1.火付盗賊改・十手の特徴

鍔鉤十手や鍔十手 - 近江屋の御隠居の日録

上記事にも載っております。

火付盗賊改(火盗改)の十手には、官給制度が無いようで、十手は実費で製作させるのだと思います。

火盗改は凶悪な賊の群れを相手にするため、実戦向きの十手を採用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515061849j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515061851j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515061854j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515061918j:image

そのため、鍔付き十手(鍔十手)鍔付き鈎付き十手(鍔鈎十手)握柄のある十手が多く残っており、棒身も六角形や八角形の大ぶりなものが多いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515062041j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515062046j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515062043j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515062048j:image

TV時代劇でもそれは確認できますので、よろしければ気にして見てみてください。

 

 

2.4代目・鬼平十手の特徴

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515081523j:image

中村吉右衛門さんの鬼平犯科帳では、2種類十手が確認できます。

一つは『山吹屋お勝』『一本眉』などのレギュラー放送終了後に作られた単発スペシャル版に登場した『鍔十手です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515063348j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515063412j:image

この鍔十手は、実際に長谷川平蔵が使用した十手のようで、名和弓雄先生『ナワ・ユミオ捕具コレクション』にも同じものがあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515063633j:image

上画像は同心暁蘭之介OPのもので、他にもNET1974年版右門捕物帖 後期OPでも確認できます。

 

もう一つの十手は、鬼平犯科帳がレギュラー放送時に使っていたもので、このような十手です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515081611j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515081613j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515083151j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515083127j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515081649j:image

『鮫皮十手』です。

この鮫皮十手の特徴は、以下の通りです。

  • 全長 約45~50cm
  • 太刀もぎの鈎は太鼓胴鈎
  • 握柄は鮫皮巻きで、中間に胴金あり
  • 棒身は六角形

...太鼓胴鈎は名和弓雄先生が命名したものです

という感じだと思います。

太鼓胴鈎は上方役人の十手に多く、火盗改の十手では珍しい気がします。

 

 

3.実物ならどれが近いのか?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515083141j:image

私が見たものでは、前述にもあるように、上方役人の十手で、特に上方役人の同心十手がモデルのように思います。

上方役人の十手は、このようなものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515083351j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515082626j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515082844j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515082847j:image

上2枚は岡崎の十手展のもので、下2枚はネットで見つけたヤフオクに出品された十手の画像です。

上方役人の十手は緒付環が無く握柄末端に貫通穴があるものが多いです。

また、先程記述した太鼓胴鈎の十手も、上方役人の十手に多いです。

同心十手とはっきり記述したのは、上方役人の十手の中で、与力十手はもっと装飾が施されており、全体的に小ぶりな十手が多いからです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220515083952j:image

捕物などの指揮に使う程度で、実戦向きではありません。

同心十手は、大ぶりでシンプルなものが多いそうです。

 

 

 

 

...すみません。

もっと端的に纏めるつもりでした。

十手は認知されている割に個々の知名度認識度は低いため、どうしても長めな記事になってしまいます。

気のせいか? 仕事人主水十手について

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514160030j:image

いやほんと気のせいですわ。

若干残念ですが、所詮はプロップですし...
今回は中村主水の十手の中でも、彼が1番長期間使った藤巻十手についてです。

◉関連記事

続・中村主水の十手について - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

まず、項目を。

  1. 仕事人主水十手について
  2. 私が感じた謎
  3. 仕事人主水十手の祖

です。

 

 

 

 

1.仕事人主水十手について

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514163734j:image

これは私が勝手に呼んでいるだけで、十手的には藤巻十手になります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514163730j:image

この十手はシリーズ第15作目『必殺仕事人』から使用し、藤田まことさんが最後に中村主水を演じたシリーズ第31作目『必殺仕事人2009まで使用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164015j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514163908j:image

仕事人シリーズの中村主水の十手なので、仕事人主水十手と呼ぶようになりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164050j:image

余談ですが、中村主水シリーズ第3作目『助け人走るで既に藤巻十手を使っておりシリーズ第4作目『暗闇仕留人』では朱色房紐の定寸十手と交互に藤巻十手(仕置屋主水十手/楠流十手)を持っており、シリーズ第6作目『必殺仕置屋稼業』から、完全に藤巻十手のみを持つようになります

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164157j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164202j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164304j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164307j:image

必殺仕置屋稼業は、私が何回も申しているあの置屋稼業/楠流十手で、以降は定寸藤巻十手を使用します。

 

 

2.私が感じた謎

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164330j:image

この十手を見て、私はこう思いました。

『この十手、もしかして太刀もぎの鈎を棒身から打ち出して作って作ったんじゃないか?』

です。

自分は実物を見たことないのですが、名和弓雄先生のあの本には『棒身から鈎を鍛造の際に打ち出す法』というものが記載されております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164407j:image

この本によりますと、太刀もぎの鈎は鉄刀と同じ牛角形であるとあります。

こういう形です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514165113j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514165255j:image

主水十手は湾曲しているのでこれには該当しません。

しかし、画像で見る限りだと、かしめた痕跡や、プロップ十手にある溶接痕見当たらないのです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164459j:image

どうでしょうか?

 

 

...いや、そう思いたいだけでした。

ネットにある中村主水の十手画像をドアップにして見てみたら、溶接痕っぽいものがありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164618j:image

まあ、所詮は劇中プロップですからね、しょうがない。

 

 

3.仕事人主水十手の祖

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164803j:image

おまけです。

これは、シリーズ第7作目『必殺仕業人中村主水が持っている十手が、ベースとなっていると思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164642j:image

仕事人以前の前期主水十手は、基本朱色房紐なのですが、仕業人のみ木札をつけています

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164718j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220514164721j:image

その木札には、何か書かれているように見えます。

おそらく、『中村』の文字す。

したがって、この仕業人で持っていた定寸藤巻十手が、仕事人主水十手の祖だと思います。

 

 

 

 

仕事人主水十手については、このくらいです。

置屋主水十手/楠流十手仕事人主水十手など、所詮劇中プロップなのに変わったものを持っているのは、十手好きとして嬉しいです。

十手を磨く2

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015603j:image

今回は、3年前にヤフオクで購入した十手この前磨いた十手を磨きましたので、それについてです。

◉関連記事

十手を磨く - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

まず、今回磨く十手がこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014633j:image

おそらく、あえて錆びさせて防錆加工をしたものと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014621j:image

緒付環は水平回転環なのですが、接続部分が見当たらない不思議な猪の目の緒付環です。

これを主に磨きました。

 

 

今回は、120番→180番→240番→600番→1000番の紙やすりで磨いた後に、ピカールを使って仕上げました。

前回十手を磨いた時には、600番と1000番の紙やすりを使わなかったので、前回磨いた十手もその紙やすりを使って、仕上げました。

 

 

紙やすりやピカールで磨いた十手がこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014843j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014841j:image

ピッカピカです。

滑なかであるため、何かを巻いたりしないと、実戦では滑って使いにくそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014913j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014911j:image

鉤幅が広いので、鉤の間や鉤の横手も磨けました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014908j:image

この前磨いた十手は、こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014940j:image

大きな変化はありません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512014701j:image

ですが、藤巻十手の方は太刀もぎの鉤が、だいぶ良くなりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015047j:image

やはり、十手は銀光りしなくては、構えても威圧になりませんからね。

このくらいピッカピカにしなければ、十手ではありません。

 

 

 

 

どうせ房紐をつけるので、房紐を付けたものを載せます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015154j:image

朱色房紐がなかったので、鮫皮十手のみ紫房紐にしています。

1番上の藤巻十手は、この房紐にすると新必殺仕置人~江戸P必殺商売人の頃の中村主水の十手になります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015321j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015429j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220512015432j:image

なので、中村主水の十手が欲しい方は、このタイプの藤巻十手を購入するのが、手取り早いと思います。

磨かなければ仕事人主水十手、磨けば上記の十手になりますからね。

試作品:‪排莢‬も楽しめるLEGOガトリング銃

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163419j:image

お題「手作りしました」

まだ消化不良感があります。

とりあえず、試作品1となる‪排莢‬可能なLEGO製ガトリング砲になりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163438j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163603j:image

LEGOですので、オートマチックのモデルガンのようにカートリッジを‪排莢‬するのではなく、LEGOの金色部品をガトリング砲から‪排莢‬っぽく出すことで、‪排莢‬を表現しております。

◉関連記事

ガトリング銃 - 近江屋の御隠居の日録

マイナーチェンジ:LEGOのガトリング銃 - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

前回のものから‪排莢‬以外も手を加えたため、若干変わっています。

それがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510161958j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510161955j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162000j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510161952j:image

今回は、以下を追加致しました。

  1. 機構部の長さ
  2. 本体後端の開閉機構
  3. 内部機構
  4. ‪排莢‬

です。

 

 

ではでは...

 

 

1.機構部の長さ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162053j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162055j:image

幅は同じですが、ブロック1つ分伸ばしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162115j:image

(上:前回まで、下:今回のもの)

‪排莢‬可能にするために伸ばしたのですが、結果あまり意味は無かったです。

 

 

2.本体後端の開閉機構

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162201j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162220j:image

一目で分かる通り、開閉させる扉をつけました。

上下にヒンジを設けたので、ガタつきは無くスムーズな動作が可能です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162336j:image

昔見たガトリング砲関連の動画で、この部分を開いて解説しているシーンがありました。

それを参考にし、自分のガトリング砲にも反映させました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162218j:image

お陰で、内部の歯車に注油がしやすくなりました。

 

 

3.内部機構

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163825j:image

上画像が変更後のものです。

排莢‬時に使用するネズミ色の部品や、‪排莢‬時に通路代わりに使う突起が増えたくらいで、前回のものと大差ありません。

 

 

4.‪排莢‬

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163202j:image

いよいよ本題です。

これを可能にするために、マガジンをもう1つ作りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162407j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162410j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162519j:image

中にある金色の円形部品が、‪排莢‬するものになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162432j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162504j:image

ただ部品をマガジンに入れただけでは、逆さにすると本体に装着する前に落ちてしまうので、マガジン装着後にマガジンの一部をスライドさせて、部品の落下を防いでいます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162451j:image

マガジン長は、前回までのものと同じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162625j:image

勿論、本体には‪排莢‬口となる穴があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163725j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163259j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162545j:image

ただ穴では芸が無いので、形ばかりですが、ウィンチェスターm1873カービンのようにダストカバーも設けました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162648j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162646j:image

専用マガジンを装着すると、このようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162725j:image

少し大きいです。

スライドさせ、内部に薬莢となる金色部品をいれます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162745j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162742j:image

横の‪排莢‬口から、それが見えます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510162828j:image

これでクランクハンドルを回転させると、内側のネズミ色の円形部品により、‪排莢‬ができます

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163705j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163114j:image

‪排莢‬は、銃身の支柱と本体の僅かな隙間から行うため、もう少し広げないと‪排莢‬口付近で突っ掛かってしまいます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220510163111j:image

ここは、写真撮影後に手を加えました。

画像では分かりにくいので、後ほど動画にでもしようと思います。

 

 

 

 

一応、クランクハンドルによって銃身が回転、‪排莢‬(っぽい動作)が楽しめるところまでは出来ました。

しかしなんか不満が残っているので、まだまだ続きそうです。

...そろそろLEGO特車サファリ4WDも手直ししないとなぁ。

マイナーチェンジ:LEGOのガトリング銃

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220506203325j:image

基礎はもう出来ているので、大きな変更はありません。

しかし、少し変更しましたので、記事にいたします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234104j:image

↓前回

ガトリング銃 - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

まず、出来上がったものがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234148j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234151j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234145j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234153j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507235621j:image

変更箇所は、以下の通りです。

  1. 輪胴銃身の軸
  2. マガジン接続部
  3. マガジン
  4. 三脚

です。

したがって、内側の回転機構は変えておりません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234216j:image

このようになっているため、クランクハンドルと連動しての銃身回転が可能です。

 

 

1.輪胴銃身の軸

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234241j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234238j:image

これは見にくいですが、銃身の中心にある軸を変えました。

十字の軸をさし、黒色のカラーを被せて太い1本の軸のようにしています。。

 

2.マガジン接続部

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234304j:image

単純な形です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234322j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234320j:image

銀色の部品は、マガジンを固定するネジをイメージしております。

‪排莢‬不可ですので、内部は装着部から見えません。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234421j:image

このように、ただの底になっています。

 

3.マガジン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234439j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234450j:image

前回はこのような形です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234509j:image

一目でわかる通り幅は3倍、薬莢部分も変更、マガジン内部の発条を追加、マガジン長も少し伸ばしております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234521j:image

発条部分は、LEGOで作ったため本物ではなく、縮めたコイルスプリングを模しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234538j:image

接続部分は、三角形の部品に引っかかって銃弾が飛び出ないという程にしております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234707j:image

本体に接続すると、このような感じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234732j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234738j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234735j:image

幅を合わせてマガジンを作ったため、しっかりと差し込めます。

 

4.三脚

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234823j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234820j:image

今まではガトリング銃自体が重いため、三脚だけでは自立が難しくなっておりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234849j:image

↑中央に支柱をつけて支えている

そこで、各脚のヒンジ部分を2つに増やし、三脚の脚自体も幅を広げました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507234938j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507235010j:image

これで、ようやく支柱無しで自立するようになりました。

 

 

自分が見た時代劇では、マキシム重機関銃のような水冷式ガトリング銃が、よく登場しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204514j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204531j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204525j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204522j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204520j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204517j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204528j:image

近日中に見る予定の『五人の賞金稼ぎ』には多銃身タイプのものが出てくるそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507204725j:image

このタイプは、TVドラマ版の『賞金稼ぎ』にも登場します。

 

 

 

 

ここまで形になったので、やはり次は‪排莢‬です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507235054j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220507235051j:image

尺度約1/6サイズのガトリング銃ゆえ、‪排莢‬までとなると、時間が必要です。

いやー、柔軟な発想ができる頭が欲しいです。

鉄砲十手

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203053j:image

松本城天守に、実物が飾ってありますね。

あれは差火式なので、所謂『火縄銃』です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203145j:image

名和弓雄先生の事典では、鈎に火蓋と火口があるとありました。

そのため、鈎を棒身まで下げると、火縄銃の火皿付近になり、火縄を当てると発射可能という感じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203236j:image

『懐鉄砲というより、狼煙などの合図代わりに使っただろう』と、名和弓雄先生は仰っておりました。

 

 

 

 

今回は、この鉄砲十手を自分なりにアレンジし、輪ゴム銃として使える様にして作りました。

※輪ゴム銃ですので、輪ゴムのみ発射可能です。

 

 

ではでは

 

 

今回製作しているものが、こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505124927j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505124930j:image

まだ塗装はしておらず、これから銃身&握柄を塗装、装飾します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125054j:image

銃身となる棒身は木製、鈎はLEGO製、握柄は塩ビ管となっております。

 

これは『握り鉄砲』から案を得て作ったため、実物は雷汞を撃発されるための撃針があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125147j:image

撃針を太刀もぎの鈎に付けて、また折り畳み式にして、仕込めるようにしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125204j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125206j:image

これもLEGOです。

棒身に、上の赤い部分が入るだけの穴を開けています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130143j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130658j:image

この穴は、後々使います。

輪ゴム銃としてではなく、ただ遊びたい時は、そのようにして鈎を握って遊びます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130224j:image

動作時の握り心地を良くするため、指を掛ける部品を鈎の反対側につけました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130517j:image

これもLEGOです。

 

 

棒身部分は輪ゴム銃の部品を使い、銃身にしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125054j:image

そのため棒身兼銃身自体は木製です。

なので、輪ゴム以外は発射不可となっております

それが証拠に、このようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130754j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130829j:image

銃身部分は上のようになっており、また、握柄は付いているのみです。

 

実物の鉄砲十手は先込め式のため、尾栓が抜けなければ清掃が出来ません。

そのため、意味はないですが、尾栓もLEGOで作りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130918j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130915j:image

尾栓は緒付環も兼用しております。

 

 

輪ゴム銃ですので、輪ゴムを発射出来なければ意味がありません。

輪ゴム使用時は、鈎に専用の部品を付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130943j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131003j:image

このようにすれば、輪ゴムを掛けて発射する事ができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131027j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131159j:image

先込め式の鉄砲をモデルにしているため、輪ゴムも1つしか付けられないです。

 

 

 

 

あとは、塗装です。

基の輪ゴム銃も黒色でしたので、同色で塗装します。

出来たら、また記事にすると思います。

 

大きさの比較画像を忘れていました。

ワルサーP38、パイソンPPCとですが、このくらいの大きさです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131412j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131415j:image

まあこんな感じです。

十手全長は35cmほどでした。