近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

『梅澤の十手』について考察

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155317j:image

これは、マジック・ザ・ギャザリングというトーレディングカードゲームの、神河謀叛というブースターパックに収録されているカードのようです。

スタートガイド|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

これに関しては、私は全く関与した事が無いため、これ以上は不明です。

申し訳ありません。

記事タイトル通り、私は十手が好きなため、この『梅澤の十手』を考察しようと思います。

◉関連記事

原神:鹿野院平蔵の十手について - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

◉項目

  1. 梅澤の十手の特徴
  2. モデルに近いもの

です。

 

 

 

 

1.梅澤の十手の特徴

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155738j:image

上画像の通りです。

梅澤の十手はこれ以外にもあるようです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155748j:image

これは海外版ですが、1枚目と明らかに違います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155821j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155818j:image

この1枚目の十手は、作りからしておそらく『鈎鍔の十手』ですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155821j:image

↓鈎鍔

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808155933j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160637j:image

緒付環は確認出来ませんが、太刀もぎの鈎が鍔の縁から伸びて出ているのが、確認できます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160053j:image

握柄は、凹凸が施されております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160113j:image

これは、鉄砲のグリップでいう「フィンガーチャンネル」で、握り心地を良くするために、施す事があります

 

もう一つの十手、これもおそらく『鈎鍔の十手』ですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160310j:image

名和弓雄先生の著書を参考にすると、太鼓胴鈎とは思えないため、私は鈎鍔と思いました

この鈎鍔に、似ています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808161033j:image

また、握柄末端には緒付環(紐付環)が確認出来ます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160420j:image

菱形ですね。

猪目形には見えませんので。

 

 

2.モデルに近いもの

まず、画像1枚目のこの十手からです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160449j:image

これは、オリジナルだと思います。

このタイプの十手って、実はまだ見た事無いものでして。

と言っても、『鈎鍔の十手』は存在します

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160615j:image

※この十手の真偽は不明。

岡崎の十手展にも、それらしきものがありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160719j:image

いつも通り、火付盗賊改の鍔付き鈎付き十手のような感じです。

鍔鉤十手や鍔十手 - 近江屋の御隠居の日録

火盗改の十手には、相手が相手故に防御性を高めるために、日本刀の鍔をつけた十手を使います。

 

もう1つの十手についてです。

これは、モデルが有ると思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160310j:image

この十手です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160935j:image

これは、名和弓雄先生の著書では『世田ヶ谷代官:大葉彌十郎の十手』とありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808161013j:image

似ていますね。

鈎鍔、棒身と鈎鍔の間のハバキ、握柄末端の感じなど、そっくりだと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808161119j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808160420j:image

この『世田ヶ谷代官:大葉彌十郎の十手』は、右門捕物帖(NET1974年版)や同心暁蘭之介のOPで、確認可能です。

 

 

 

 

この『梅澤の十手』十手で検索すると出てくるので、今回記事にいたしました。

知名度の割に、どういう十手か述べている人は居ないですからね。