近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

グリップの手入れ(HWS:ニューモデルアーミー)

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155348j:image

この記事で、HWS(ハートフォード):レミントンニューモデルアーミーグリップの加工を致しました。

グリップ加工 - 近江屋の御隠居の日録

ニューモデルアーミーに付属するプラスチックグリップは、ただ茶色いだけで安っぽく見えるため、悪目立ちします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090703j:image

そのため手を加えたのですが、この状態でもやはり不満が出てきました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090738j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090736j:image

そこで、今回は塗装を施しました

 

 

 

 

塗装は、家にあった茶色系の塗料を2種類使い、また前加工で行った鑢目を活かし木目感が出せる様に致しました。

一応、形になったものがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125100j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125213j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125216j:image

鑢目は、結構木目感が出ていると感じています。

ただ、塗装が上手くないため、なんか変な感じもします。

まあ単色よりは良いかぁ...。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125145j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125148j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125142j:image

木製グリップと比較

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920125245j:image

(左:マルシンモデル2アーミー、中:今回のもの、右:TANAKA M29)

加工前の単色よりは、マシですね。

...多分。

 

 

ニューモデルアーミー、これは気に入っているモデルガン(ガスガン)です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155241j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920154952j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920154950j:image

↑塗装したグリップを、つけています。

パーカッションロック式リボルバーの特徴であるローディングレバーニップル用のフレームの窪みも、しっかりあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155125j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155123j:image

手に入れて数年、大学在学中のサバゲー時でもこれを使用したため、かなりボロボロになってしまいました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155144j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920155147j:image

今は、お座敷シューター用です。

ガスを入れればBB弾が発射可能なことを確認したので、これはまだ十分遊べますね

 

 

『レミントン ニューモデルアーミー』といえば、やはり私は時代劇のイメージが強いです。

ニューモデルアーミー - 近江屋の御隠居の日録

ハイパト同様に三船プロ作品に、よく登場します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920084803j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920084801j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920133936j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920084756j:image

意外なところでは、『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』の第8話に登場しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920085015j:image

櫛で撃鉄を抑えるシーンも、見ることができます。

私の好きな作品である『人魚亭異聞無法街の素浪人』、これに登場する新政府の密偵:千鳥弦之進は、ニューモデルアーミーを常用し、常に腰から下げています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090044j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090041j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920090047j:image

大江戸捜査網江戸の牙など、何かと私が見る時代劇に登場するため、ニューモデルアーミーには『縁』を感じています

 

 

 

 

メーカー純正品では、管打ち式(パーカッションロック式)輪胴回転拳銃のガスガンって、HWSさんのニューモデルアーミーくらいですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920154952j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220920154950j:image

発火式モデルガンなら、CAWのHW樹脂やCMC、タナカの金属(CMCはカービンも)とかもあります。

個人的に管打ち式は51ネイビーも好きなので、個人製作以外で出してくれないかなぁ。