近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

とりあえず分かったこと

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902180437j:image

鬼平犯科帳:鬼平配下の捕物用長十手の謎 - 近江屋の御隠居の日録

とりあえず、配下の与力同心がどんな十手を持っているかは、大雑把ですが分かりました

 

 

 

 

結果を先に申しますと、ほぼ全員藤巻十手です。

↓藤巻十手

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902180719j:image

やはり藤巻十手でしたね。

全員同じ藤巻十手では、無さそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175717j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175721j:image

また、房紐は鬼平含め全員黒色で、輪紐になっており総角結びが施されております。

さらに、房数は1~2つで、紐付環はただ倒れるものでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175829j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175826j:image

自分が確認した限りでは、これらの十手を藤巻にした物を使っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175921j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175928j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902175924j:image

握柄は藤巻ですが、ただ鈎が付いている物、鈎が焼きばめした様になっている物が、確認できました。

長さは、おそらく45糎程の定寸十手です。

市販品では、この十手が劇中プロップに近いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220902180841j:image

確か、佐嶋か酒井のどちらかは、六角形棒身に黒い絹糸を巻いた様な十手だったと思います。

 

 

 

 

とりあえず、そこまで分かりました。

以上です。