近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

1/1サイズのついでに...1/3サイズ鍔鈎十手も製作

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212343j:image

タイトル通りです。

今回は、前に作った十手を基に、鍔鈎十手(鍔付き鈎付き十手)を作りました。

鍔鉤十手や鍔十手 - 近江屋の御隠居の日録

 

 

 

 

まず、今回はこれら十手を基にしました。

◉1/1サイズ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212427j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212430j:image

◉1/3サイズ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212453j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212450j:image

1/1サイズは定寸十手で、1/3サイズは捕物用長十手(打ち払い十手)です。

1/1サイズの定寸十手は、この十手自体に飽き始めたのと、火付盗賊改のような実戦向きな十手にしたかったからです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212650j:image

1/3サイズの捕物用長十手(打ち払い十手)は、この十手は写真が撮りにくい違和感を覚える取り回しにくいなどの理由から、ドールサイズで言う定寸の鍔十手にしようと思ったため、鈎を活かした鍔付き鈎付き十手にしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212718j:image

⬆︎画像はこれくらいしかありませんが、まあいいかなぁと思っています。

矢絣ですが、袴姿なら火付盗賊改の方が合いますし。

 

 

それで、製作した十手がこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212804j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212811j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212808j:image

今回は、ドール用と同じ十手が欲しかったので、同じ拵えの鍔鈎十手(鍔付き鈎付き十手)にしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212848j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817212850j:image

今まで、シンプルな鍔鈎十手を作っていませんでした。

なので、今回は劇中プロップにありそうななんの飾り気もない鍔鈎十手にしました。

 

 

◉1/1サイズ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213032j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213046j:image

全長は約41糎定寸の鍔鈎十手です。

銀磨き若しくは銀流しにした棒身太刀もぎの鈎をイメージしています。

そのため、棒身はアルミテープを貼りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213016j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213128j:image

前に作った鍔十手&鍔鈎十手と同じものです(座金を使っています)

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214522j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214528j:image

また、鍔の付け根針金を接着剤で固定しレジンで溝を埋め塗装し、金具で固定した(かしめた)感じを表現しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213241j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213244j:image

握柄は赤い紐を巻き金具部はアルミテープで、何重にも重ね貼りして厚み金具感を出しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213355j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213358j:image

今回は材料費0円で製作したため、新たにアイナットを購入しなかった故に、紐付環は固定になりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213433j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817213430j:image

座金を挟んでただ付けただけなので、アイナットを買えばすぐに水平回転環にする事が出来ます。

 

 

◉1/3サイズ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214556j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214553j:image

こちらの全長は約15糎1/3サイズゆえ3倍すると約45糎になるので、ドールサイズの定寸鍔鈎十手です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214739j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214735j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215047j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215051j:image

他の部分前述の1/1サイズ鍔鈎十手と同じで、鈎や鍔の付け根が異なります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214826j:image

握柄にピタリと鍔(座金)の内径が合ったため、太刀もぎの鈎を焼きばめした感じにしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214927j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817214924j:image

そのため、鈎周辺だけアルミテープを2〜3重多く貼っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215026j:image

座金を使っているため、他の1/3サイズ十手より重いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215135j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215130j:image

この特徴は、1/1サイズでも同じです。

 

 

うちの子たちに、持たせてみます。

服装は、今の季節で矢絣袴では暑いため、勘弁してください。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215217j:image

AZONE1/3サイズ(50糎ドール)より、DD(60糎ドール)向きの大きさです。

鍔や握柄の影響か、定寸十手より大きく見えます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215221j:image

腰に差前と共に佩用することを考えると、このようなポーズもあり得ます

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215839j:image

私はドール用差前として、童友社の日本刀のプラモデルを使いますが、鍔が若干邪魔しそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817215224j:image

༼⍨༽༼⍨༽༼⍨༽༼⍨༽༼⍨༽

可能性を感じました。

伝七セットを使えば、両手とも十手に出来ます(双角も可能ですね)

 

1/3サイズで製作したため、1/6サイズの子だと、太くて長い十手になります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817220022j:image

捕物用長十手ほどですので、ある意味実戦向きになります。

 

 

 

 

これは、金はかかりますがDD用の先手組火付盗賊改のような服装を用意するしかなさそうですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817220422j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220817220543j:image

火付盗賊改も鍔十手を作ったため出来ますし、着流し&黒い羽織があれば定町廻り同心もドールで出来ますので、これはその衣装を着せたいです