近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

3万円の贋物に1万円の本物

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808223721j:image

今回即決した十手フォロワー様に伺ったところ、どうやら『本物の目明かし十手』のようです。

私は前の記事で書いた『分かりやすい特徴』を基に、狙っていました

贋作十手の良い見本 - 近江屋の御隠居の日録

結局、我慢できず即決で、でも1万数千円ですのでそこまで高くありません。

今回は、その十手についてです。

 

 

 

 

◉項目

  1. 落札した十手
  2. 棒身
  3. 太刀もぎの鈎
  4. 緒付環

です。

 

 

 

 

1.落札した十手

こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808223918j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808223914j:image

シンプルな『目明かし十手』です。

全長は35糎定寸十手程ではないため、おそらく私物の十手だと思っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224105j:image

関八州の目明かしは実戦向きの十手を持つので、江戸の目明かしの私物十手だと思います奉行所貸与品は定寸十手ですので)

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224421j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224424j:image

細身のためか、思っていたより重量感はありません

棒身22糎、握柄10糎、緒付環3糎です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224537j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224540j:image

実戦向きではありませんが、大振りな太刀もぎの鈎のおかげで、威圧感はあります

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224624j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224628j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224846j:image

細身のためか、若干の握りにくさはあります。

紐をつければ、問題無さそうです。

拭う程度で何度か拭きましたら、下地の銀色が見えました

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224721j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224718j:image

銀磨きにしたい衝動が...ね(今回はやりません)

 

 

2.棒身

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224756j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224752j:image

棒身は、若干先細りです。

また、機械工作では出せない曲線美もあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808224917j:image

先端面には、よく分からない紋様があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225012j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225015j:image

三鈷杵のような宗教的な何かですかね?

それとも、個人の定紋でしょうか。

 

 

3.太刀もぎの鈎

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225056j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225342j:image

縦型で大振りなものが、付いています。

幅もそこそこあると思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225121j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225124j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225154j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225404j:image

この十手は、なんと言っても鈎の付け根ですよ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225425j:image

しっかり『矩形の穴』が開けられています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225227j:image

贋物では『円形、正円形』が多いので、これは非常に嬉しく良い資料にもなります。

 

 

4.緒付環

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225310j:image

おそらく『猪目形』です。

十手の緒付環形状では、結構多いものになります。

緒付環先端には、繋げた跡が確認出来ます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225511j:image

緒付環は、棒身から打ち伸ばした軸芯をかしめただけではなく、菊座を1枚入れて、抜け落ち防止がしっかりと施されております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225550j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225547j:image

ちゃんと水平回転環になっており、錆による固着もなくクルクル回転します。

十手の緒付環(紐付環)は、猪目形で水平回転環 #十手 #jitte - YouTube

緒付環の付け方で記したように、緒付環は棒身から打ち伸ばした軸芯に入れ、軸芯先端をかしめます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225639j:image

これの通りで、この十手の緒付環の軸芯は、おそらく打ち伸ばされています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225550j:image

分かりにくいですが、握柄末端にはテーパーが確認でき、軸芯先端に行くにつれて細くなっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225747j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225743j:image

やっと本物がどう作られているか、分かりました。

 

 

 

 

記事タイトルは、前に購入した贋物の十手と、今回購入した本物らしき十手についてです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220808225849j:image

鮫皮十手は贋物で3万円今回の目明かし十手は本物で1万円フォロワー様が仰られていたことを実感致しました

十手愛好家を謳っているため、ようやく本物が入手出来てよかったです。