近江屋の御隠居

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

アンクルカスタムベースのカスタム

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214045044j:image

今回は、「アンクルカスタム」ベースのカスタムについて。

 

先ほど知ったのですが、ワルサーp38の改造銃の「アンクルカスタム」は「0011ナポレオン・ソロ」と言う作品に登場しているのですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043140j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043144j:image

YouTubeで動画がありましたので、そこからスクショして持ってきました。

https://youtu.be/916uXOZb-DA

私はワルサーp38はそこまで好きではないけどこのカスタムは妙に興味があるんですよねぇ。しかしヤフオクでちょっと覗いたら結構高い...なので作ってみようと思いました。「アンクルカスタム」風カスタムにするためのストック、銃身の製作してみました。

 

私はリボルバー拳銃でこのカスタムをしたかったので、m19やm29を使って作りました。

それがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043431j:image

塗装は面倒でしたので、まだ未塗装状態です。

m29にこのカービンストックをつけられれば西部警察Part1のリキっぽくなります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043605j:image

ストックと銃身はこのように。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043824j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043835j:image

フロントサイトが入るように切り取っています。

ストックは伸縮出来る様にボルトで固定しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214043756j:image

銃とストックの連結には、自作のアタッチメントを使用しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044112j:image

下画像のように銃本体に付けた後、グリップで挟んで固定します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044628j:image

アルミでは強度が出ないので、ステンレスの厚さ0.5mmの板材を使用しています。また銃と触れる部分にはゴム板を付けて滑り止め加工を行っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044454j:image

この部品はグリップアダプターを参考にしたのでこのような形になっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044552j:image

このアタッチメントとストック、ストックと肩当て部分の連結にはLEGOを使用しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044713j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044719j:image

そのため軋みますし、弱いです。

銃身はアクリル管で、塩ビ管を用いて銃口と繋いでいます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044751j:image

アクリル管は高いですが、丁度塩ビ管内径と合うものがあったので使用しました。

ベースは東京マルイのm19 6inchですが、コクサイのm29にも使用でいました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210214044813j:image

銃身はタナカワークスのm29には使用できませんでした。

 

あとは塗装だけですが、塗装してどうなるかです。