近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

劇中仕様な鍔付き鈎付き十手・・・修正

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224637j:image

この記事の続きになります。

劇中仕様な鍔付き鈎付き十手・完成 - 近江屋の御隠居の日録

上記事では『完成』と言いましたが、実はまだ上手く言えない『不満』がありました。

今回は、修正箇所を記事にいたします。

 

 

 

 

修正後の『鍔付き鈎付き十手』が、こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224650j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224654j:image

ほぼ、全体的に手を加えました

なんと言っても『太刀もぎの鈎』に、1番不満がありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224710j:image

この部分もアルミテープを貼ったのですが、角の部分は貼りにくいため妙なバリが残り全体的に汚く感じました。

そのため、鈎は塗装致しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224731j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908224734j:image

棒身と同素材の方が、違和感がありません。

しかし、太刀もぎの鈎は鍛造時に打ち伸ばさない限りは、鈎は棒身に穴を開けて後付けします。

そのため、鈎は塗装いたしました。

塗装は、紐付環近辺にも行いました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225318j:image

前回塗装時は汚くなった気がしますので、これでだいぶマシになったと思います。

棒身や、握柄上下の金具はアサヒペンの『金属みがき』で何回も磨きシリコンオイルで拭き取り輝きを出しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225048j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225104j:image

この方が、劇中プロップ感が出ます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225112j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225130j:image

握柄は、木目シールのままでも...と思いました。

しかし、木目シールの幅が足りず、また貼り方が上手くないため『継ぎ目』が目立っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225153j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225203j:image

そのため、木目シールの上から木目が消えない程度に塗装をし、クリアーで仕上げました。

 

 

 

 

劇中仕様、思ったより時間がかかりました。

難しいですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220908225344j:image

なんか、まだむず痒いものがあります。

このモヤモヤ、気持ち悪いですねぇ(~_~;)