近江屋の御隠居

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

魅せられて

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627043742j:image

↑ジュディオングさんの代表曲じゃないですw

やっと松田優作さん主演の「最も危険な遊戯」&「野獣死すべし」を視聴しました。

最も〜の方は分かりやすいというか、ハードながらもコミカルな作品でしたが、野獣死すべしは頭から終わりまでハードで、とにかく松田優作さんが不気味です怖い、狂気すら感じる大変面白い役でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627043823j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627043820j:image

それで今回は「最も危険な遊戯」&「野獣死すべし」に登場したガンについてです。

まあ、明確に述べるのではなく、こんなものが登場した、これが代用できそうってくらいです。

 

 

まずは「最も危険な遊戯」から。

この作品で、松田優作さん演じる殺し屋・鳴海昌平は、拳銃に44マグナム8&3/8inch(8inchだったか)を使用し、ライフルにはマッドポリスにも登場したm1カービンを使用します。

●44マグナム

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627044525j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627044528j:image

44マグナムは、この銃身長ですがオーバースクエアグリップではなく、スクエアグリップを使用しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627044635j:image

グリップアダプター付きかと思いましたが、見間違いかもしれないです。

44マグナムの長銃身モデルは、以前に購入したタナカワークスのガスリボルバーや、最近ジャンク品で購入したクラウンのエアコキリボルバーが使えそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627185859j:image

クラウンの方は、コクサイm29に付属する44マグナムダミーカートリッジを入れれば、劇中モデルっぽくなります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193048j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193045j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193042j:image

まあ本当に鳴海に寄せるなら、MGC製のものを購入しないとですね。

●m1カービン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627044657j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627044654j:image

マッドポリスに登場したものと全く同じです。

こちらは、タナカワークスのm1カービンパラトルーパーモデルで代用できそうです。

😰😰😨(◜◔。◔◝)😨😰😰 - 近江屋の御隠居

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193109j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193113j:image

Twitterで教わったのですが、このm1カービンに寄せるならmp40系のストックが良いそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193128j:image

似てますもんね〜(ほぼ同じか)。

それで、銃身は何かしらで延長させれば近づきそうです。

...フォアグリップを忘れてました。

 

次に「野獣死すべし」です。

こちらは、やはり伊達邦彦が冒頭から使用するSAAが有名ですね。

●コルトシングリアクションアーミー

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190635j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190642j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190652j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190637j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190646j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190649j:image

銃身長的に、シビリアンだと思います。

このSAA、本作品でテクニカル・アドバイザーを務めたトビー門口さんの私物なんですね。

トビー門口さんも少し出演されておりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627190758j:image

他には、M16E1も登場しました。

●M16E1

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627045437j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627045453j:image

なんと、キャリングハンドル付きで、無加工verでの登場ですよ。

...しかし、銀行強盗シーンではいつもの形に。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627045506j:image

フロントサイトは残っていましたが、これ狙撃鏡付けたときに邪魔にならないのですかね(^^;;

あとはコルトウッズマンだったり、旧コルトローマンが登場します。

●コルトローマン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627045704j:image

ここでもローマンは刑事の拳銃として使われます。

ローマン全盛期ですもんね〜。

SAAは、グリップ的にマルシンのガスリボルバーSAA・シビリアンを代用します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193143j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193146j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193149j:image

まあグリップの彫刻除けば、ほぼこのモデルですね。

エジェクターロッドの部分的に、2ndジェネレーションっぽいですし。

M16E1には、数回前の記事で製作した、東京マルイ・M16A1のM16E1カスタムが使えそうです。

ジャンク品なら良いのでは - 近江屋の御隠居

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193218j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193214j:image

マウントと狙撃鏡を付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193244j:image

SAAと合わせて、M16にはスリングもつけました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193323j:image

こうすると、伊達たちが銀行強盗時に使用した2挺っぽくなります。

コルトローマンは、やはりコルトディテクティブスペシャルですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193353j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210627193400j:image

これはタナカワークスのガスリボルバーです。

 

 

なぜこのような記事を書いたかと言いますと、どうせ家で上記作品を見るなら、同じモデルガンを近くに置いて視聴した方が楽しいと思ったからです。

次はいよいよ「蘇える金狼」の視聴です。

前回記事のMGCパイソン4inchが登場するそうなので、楽しみです。