近江屋の御隠居の日録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

やっぱ3.5inchでしょ

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211104074054j:image

Twitterを見てくださっている方ならもうご存知ですが、ファルコントーイのハイウェイパトロールマンをMGCハイパトっぽくしています。

まあ今回の記事はそれについてなんですがね。

ファルコントーイのハイパトは、ハイパト44というべきなのか、それとも44マグナムなのかという感じで、いかにもMGCに便乗したなと思わせる名前、形状をしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222454j:image

詳細は、以前の記事で。

また44マグナム購入 - 近江屋の御隠居の生存記録

で、どうせハイパトなら3.5inchくらいになって欲しいので、自分の出来る限りの工作力でやってみました。

 

 

まずは3.5inchに近づけるため、後ほど使用するフロントサイトを切り取ります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222653j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222650j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222718j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222733j:image

↑嫌な予感がする肉抜き部分がありますね。

フロントサイトを切り取ったら、いよいよ銃身を詰めて3.5inchっぽくします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222834j:image

直角を出すため、私は端材を部品に巻き付けたりしてから、刃物で切ります。

中空のABS樹脂なので、容易に切れます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103222925j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223001j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223112j:image

とりあえず、切り取ったフロントサイトを仮付し、仮組みも行いました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223104j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223101j:image

仮組み。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223107j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223109j:image

なかなか良い感じです。

さーて厄介なところです。

3.5inchにするに切り取ったまでは良いのですが、切削部の断面から判るように、凸型の肉抜き部があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223328j:image

これを埋めてから整形もしなければなりません。

これを埋めるには、やはりレジンを使います。

レジンは便利で、ちょっとした接着やこういう部分の肉埋めにも使えます。

凸型部の肉埋めをし、ざっと整形したものがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223623j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223625j:image

良い感じになりました。

私はおおちゃくですので、この雑な整形のまま塗装しました。

が、きったない塗装面になったため、タミヤの3000番の研磨スポンジシートを使い、塗装面を研磨しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224445j:image

そしたらこのようになりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223907j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223912j:image

HW樹脂感が出て、良い感じです。

特に銃口周りは良く出来ました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103223909j:image

これでも良いのですが、やはりテッカテカの方がABS樹脂感がありますので、タミヤのブラックで塗装しました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224017j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224014j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224020j:image

ツヤッツヤになりました。

だがどうもフレームとバレルで艶感が異なるため、シリンダー以外のフレームとサイドプレートを、Mr.COLORのスーパークリアー半光沢で塗装し、艶感を統一しようとしました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224223j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211103224215j:image

艶感は統一されたように思います。

が、ここで問題が一つ。

私はエアーブラシを持っておらず、またスプレーでの塗装を好まないため、いつも刷毛を使います。

だからこそ起こったのが、刷毛の跡です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211104073928j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211104073911j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211104073908j:image

これは汚い。

一応タオルなどを使い、削らないように表面を磨いたのですが、やはり綺麗にはなりませんでした。

なので、これで塗装は終えます。

 

 

次回は、いよいよ組み付けになります。

意外とハイパト感は出ましたが、どうなるか?

なぜ続けるかというと、いつも1記事で完結してしまい、すぐネタ切れになるからです。