近江屋の御隠居の生存記録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。「生存記録」なのは、いつくたばるか分からないから。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

また44マグナム購入

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223211712j:image

今回は、MGC同様に前から興味を持っていたエアガンについてです。

 

そのエアガンはこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221327j:image

ファルコントーイ・ハイウェイパトロールマン4inchです。

対象年齢10歳以上用のエアガンですが、これは「畜圧式」というもので、カートリッジ内部のバネの力によりBB弾を発射します。畜圧式という方式は、コクサイm29ミラクルカートリッジやタナカワークスカシオペアシステムで問題視されており、これらエアガンは「真正拳銃」扱いされています。

しかし今回のファルコントーイのハイパトは、カートリッジのバルブを「叩いて」開放ではなく、「押し出して」開放しますのでそのような扱いは受けておらず、所持も可能になっています。Wikipediaにはこのようにありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223211721j:image

違法エアガンではないので一先ず安心です。それに箱にも銃本体にもASGKのマークがありますしね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221343j:image

前置きが長くなりました。先ずは銃本体を色々な角度から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221407j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221420j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221414j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221410j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221424j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221417j:image

ASGKのマーク。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221458j:image

BB弾を発射するエアガンですので、銃口もシリンダーも筒抜けです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221522j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221535j:image

驚いたのですが、こちらのハイパトはインナーバレルがありません。弾道は安定しなさそうです。

シリンダーはシリンダーストップが無いため、26年式拳銃のようにくるくる回転します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221552j:image

シリンダーは、後部の羽根車のような部分で、シリンダーを止めています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221604j:image

撃鉄を起こすとしたから金属部品が上がってきて、シリンダーを止めてくれます。

撃鉄はこのようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221615j:image

撃針はありません。

撃針に該当するものはフレーム内部にあります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221624j:image

パイソンみたいな感じですが引き金を引くとゆっくり前進して、引き切ると前進しきってカートリッジを「押し出して」BB弾を発射します。

持った感じは軽く、コクサイのスタンダードモデルを思わせます。MGCのハイパト44の方が重く感じます。また4inchですがMGCのハイパト44より少し長いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221908j:image

(上・MGCハイパト44、下・ファルコントーイハイパト)

銃本体にはセーフティ用の部品がありましたが、これがあるとどうも違和感はありますので外しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221654j:image

LEGOあたりを切り出して埋めようと思います。

カートリッジはこのようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221929j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221933j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221936j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223221925j:image

専用の透明なカートスタンドという部品を用いて、カートリッジ内部のバネを圧縮します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223222035j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223222100j:image

思ったより硬く、圧縮しきるのには力が要ります。しかし所詮は10禁エアガン、大して飛びません。

取扱説明書、的、注意事項なども揃っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223222119j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20201223222116j:image

抜けが無く本体も状態が良かったので、安価で落札できてよかったです。

 

なかなかに面白いエアガンを買ったと思います。私はモデルガン派ですが、このようなものも好きですね。