近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

忘れていたM29 6.5inch

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707171716j:image

忘れていたというより、インテリアの一部になっていたため、気付きませんでした。

という事で、ご紹介させてください。

 

 

 

 

何回も記事に登場している、あのM29です。

 

 

 

 

こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204438j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204444j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204441j:image

タナカワークス:

S&W M29 6.5inch

ガスリボルバー

です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204524j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204521j:image

ダーティハリーでお馴染み6.5inchモデルです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204713j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204716j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204710j:image

M29は、ハンター用リボルバーとして作られたのだが、これに使用する44マグナムが高威力のために反動も大きく、手を怪我するなどあり当初は売れ行き不調でした。

が、上記にあるダーティハリーで、主人公のハリー・キャラハン刑事M29をプロップとして使った事で、一気に人気になります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204811j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204809j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707204806j:image

これにより売れに売れ、M29の製造が追いつかないほどになったようです。

M29は、「‘2(ダッシュツー)」モデルまで6.5inchでしたが、「’3(ダッシュスリー)」モデル以降は6inchに変えられています。

そのため、6.5inchモデルは高値で出回っているそうです。

 

日本でも、当時MGCのヘビ-ドゥティ44マグナム6.5inchの外箱や、44マグナムの取説に、明らかにハリー・キャラハンと思われる人物のイラストがありますね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205142j:image

コクサイは、コルトパイソンで同じことをしていました(パイソンは第2作目に登場)。

 

 

ハリー・キャラハンと同じモデルですので、バレル6.5inchで、シリンダーはカウンターボアという、カートリッジのリム分ざぐり穴があるものになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205155j:image

カウンターボアシリンダー - 近江屋の御隠居の日録

ガスガンですが、しっかり再現されています。

私のモデルは、スチールフィニッシュ仕上げゆえ、とっても綺麗です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205222j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205219j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205216j:image

さすがタナカワークスです。

この美しさに惚れて、購入したようなものです。

トリガーはワイドトリガーとなっており、指がかけ易いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205245j:image

サイトは、フロントサイトは固定でレッドランプありアサイトは上下左右可変式のアジャスタブルサイトになっております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205317j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205314j:image

インナーバレルは奥なった位置にあり、マズルからインナーバレルまでの間には、ライフリングが作られております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205337j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205334j:image

M29って、肉厚バレルですね。

今回のM29、購入したのが2年前のため、結構傷が多いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205446j:image

特に、フレームが擦れるところは、どうしてもメッキ剥がれが起きてしまいます。

これは、ダブルアクションリボルバーならではですね。

 

 

このM29、ハリーっぽくオーバーバレルでも良いですが、自分はスクエアバレルの方が好みです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205516j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205510j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205519j:image

メーカー純正品で無いゆえ、アルタモントのグリップを付けています。

6.5inchでスクエアバレルだと、ハイパトっぽくなりますし、MGC 44マグナムっぽくもなります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205548j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205513j:image

この状態だと、俺たちの勲章の中野祐二や、警視庁殺人課のミスター(五代警部)の44マグナムっぽくなります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205633j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220709144503j:image

確か劇中プロップは、コクサイのような黒いグリップらしいです。

 

 

 

 

何気に、警視庁殺人課の銃器が揃っていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205700j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220707205703j:image

まあ私の44マグナム6.5inchは、MGC製じゃ無いですが...。

あとデリンジャーはガチャガチャ....(笑)。

本編は第1話しか見たこと無いですが、菅原文太さんの刑事ドラマというのは、意外でした。

あ!!ごめんなさい、警視庁殺人課のガバメントGMですね(^^;;