近江屋の御隠居の生存記録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。「生存記録」なのは、いつくたばるか分からないから。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

リキのマグナムについて

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040305j:image

訳あって今は帰省しています。

急遽帰省することになったので、今回の記事の内容は、写真が撮り終えてたリキこと松田刑事のマグナムについてです(本当はオキの最期について書きたかった)。

メンヘラというか、こういう欠陥人間にとっちゃ生きることが大変です。

 

 

リキのマグナムについて取り上げる話は、西部警察PART1第96話「黒豹刑事リキ」という回です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040318j:image

西部警察PART1第96話「黒豹刑事リキ」

リキは、ある日から黒パトのブレーキが切断される、大量の苦情が西部署に届く、書いた覚えのない退職届が届くなど執拗に「嫌がらせ」を受けていた。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040559j:image

そしてリキの情報屋や、警察官が殺害される事件が起きた。

この一件から、リキに嫌がらせ行為を行なっていたのは、以前恐喝・婦女暴行の容疑でパクった大沼精一というだと推理する。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040835j:image

リキは大沼をパクるが、証拠不十分と本庁からの命令で、釈放することに。

家宅捜査をするも、大沼が警察官から奪った拳銃と警察手帳も出てこなかった。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040832j:image

リキはいずれは尻尾を出すと思い、執拗に大沼を尾行。

しかし、大沼はそれを利用し、リキに乱暴な取り調べを受けたと騒ぎ立てる。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828040800j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041103j:image

そして、リキは本庁からの命令があるのならと言って、マグナムと警察手帳を大門に返上、単身捜査を続けようとするが、大門はそれを引き止める。

このままでは、リキは免職になってしまい、大沼をリキの手で捕まえられなくなるからだ。

ここから、大門らも大沼に嫌がらせを行う。

  • リキが刑事を辞めて、単身大沼を殺しにやってくると脅す
  • 無言の嫌がらせ電話を昼夜問わずかける

これによって精神的に追い詰められた大沼、さらに窓からリキの姿を見て、ついに奪った拳銃と警察手帳を出した。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041550j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041553j:image

大沼は宿舎から逃げ、リキやゲンたちは大沼を追う。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042547j:image

ガソリンスタンドでガソリンをばら撒き籠城する大沼は、捜査課の事務員を人質に寄越せと要求。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041753j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041757j:image

事務員なのは、釈放される前に大沼の手当てを行ったから。

大門は事務員を連れて、マシンXで現場に急行。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041920j:image

その途中、大門は事務員に発信器を渡して、追跡できるように細工する。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828041854j:image

人質を渡し、車で逃走する大沼、大沼を追う大門軍団。

刑事が手際良く追跡してくることに気付いた大沼は、事務員の発信器の存在に気づき、それを奪う。

事務員が逃げたことを確認した大門は、m16団長カスタムを使ってタイヤをパンクさせる。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042353j:image

大沼の運転する車は、操作できなくなり横転する。

大沼は横転した車から這い出て、拳銃を発砲しながらリキらから逃げる。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042532j:image

ついに追い詰められた大沼、リキと対決する。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042644j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042706j:image

拳銃の腕はリキに敵うはずなく、ついにリキに撃たれて海へ落ち、恐らく絶命。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042709j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828042703j:image

これで一件落着となった。

犯人生捕りにしてないけどいいのか?なんて野暮なことは言わない。

西部警察だもん。

 

この回はリキメインであるため、結構44マグナムが登場します。

そのシーンで、面白いシーンがありました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828043013j:image

スクエアグリップなのは良いですが、グリップにアタッチメントがついています。

後付けなのは間違いないです。

PART1第1話や第5話に登場する、カービン用のアタッチメントですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828043646j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828043649j:image

これもスクエアグリップっぽいですね。

リキがマグナムをカービンにする時は、もしかしたらスクエアグリップverの44マグナムを使うのかもしれません。

このアタッチメントがついていない44マグナムも登場します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828043741j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828043744j:image

↑スクエアグリップっぽいですね。

リキのマグナムって、オーバースクエアグリップの44マグナムだと思っていたのですが、シーンによってはスクエアグリップだったりと、何パターンかあるみたいですね。

以前のPART1第57話「挑戦」でも、スクエアだったりオーバースクエアだったりとグリップが変わっていました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828044105j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828044102j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20210828044059j:image

アップシーン用だったり、発砲シーン用だったりとあるのでしょうね。

時代劇でも、シーンによって持ってた拳銃が変わることはありましたので。

 

 

リキのマグナムは、タナカワークスのm29やMGCのヘビードゥーティー44マグナムでも持っていますので、またストックを作って劇中モデルに近づけたいです。