近江屋の御隠居の生存記録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手やドール、figmaその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。「生存記録」なのは、いつくたばるか分からないから。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

設定は何処に

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20200727212508j:image

今回は、‪五連発の旦那こと‪鮎香之介‬の五連発リボルバー短筒についてです。

 

鮎の旦那は常に「五連発の短筒」を携帯しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20200727212649j:image

しかし、先程大友柳太朗さん関連で紹介した、荒野の素浪人第15話「乱闘 銀山白鳳峡」におかしなシーンが登場しました。

それがこのシーンです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20200727211548j:image

「五連発の旦那」ですし、第4話で五連発と言っているシーンもあるのですが、このシーンでは弾倉が六つ空いています。

これでは「六連発の旦那」になってしまいます。

しかし別のシーンでは、

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20200727211906j:image

弾倉はちゃんと五連発になっています。ですが、等間隔ではないうえに、薬莢ではなく塗っているだけのように見えます。

 

おそらく電着式プロップガン(殺陣用)とリアルカート式プロップガン(撮影用)と二種類あり、後者は弾倉が六つあるのだと思います。