近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

時代劇だと珍しい?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044358j:image

今回は江戸の牙の主人公こと、本所方与力・剣精四郎の殺陣時の刀についてです(通常時まで確認していなかったので)。

 

今回は鮫皮について触れます。

鮫皮とは、刀剣の柄や鞘に用いられる皮のことで、鮫皮というものの、実際にはエイの一種であるツカエイなどの真鮫の皮を用いたものです。

 

だいたいの刀の鮫皮は、伝さんのや半さんの刀のように白いのですが、

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044656j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044653j:image

剣さんの刀の鮫皮は黒く見えます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922045035j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044819j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044816j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044822j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20190922044653j:image

防水の目的で鮫皮に漆を塗ることがあるみたいなので、剣さんの刀の鮫皮は漆が塗ってあると思われます。

 

模造刀では見かけたりするのですが、劇中で見かけることはあまりなかったので、この場にてまとめてみました。