近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

モ式大型自動拳銃

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020143406j:image

昭和刑事ドラマ関連のモデルガンを集めていると、自然とU.S.アーミー関連が集まりますね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020143812j:image

旧日本軍関連は、今こそ多いですが当時はあまりモデルガンとして存在していないので、純国産拳銃のモデルガンは少ないです。

ただ、旧陸軍などが現地で鹵獲した拳銃小銃は、モデルガンになっているものがありますね

 

 

 

 

今回ブログ記事タイトルにした『モ式大型自動拳銃』、これはモーゼルC96』のことです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144942j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144938j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144945j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144935j:image

設計開発こそドイツで行われましたが、量産に不向きということでドイツ帝国軍の制式拳銃にはなりませんでした。

これが軍の制式拳銃となった国は中国で、中国では『山西17式』などコピー品も開発されておりました。

日本では、中国戦線で大量のモーゼルC96を鹵獲し、1940年に『モ式大型自動拳銃』を準制式拳銃として採用したそうだ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144045j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144048j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144042j:image

私はモーゼルC96のモデルガンを持っていないため、画像は派生系のモーゼルM712の発火式モデルガン(マルシン製)です。

 

 

近々見ようと思っている『独立愚連隊 西へ』、本作にも『モ式大型自動拳銃』が登場するようです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220533j:image

これモーゼルC96...???

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220041j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220044j:image

現地のゲリラ隊が持っている設定ようです。

このゲリラ隊シカゴタイプのトンプソンも持っています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220105j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220112j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220108j:image

シカゴタイプでボックスマガジン...なんか珍しい。

本作で、日本軍が鹵獲した小銃に、M1カービンもあるようです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019222236j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019222234j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019222345j:image

これ自体は『ホーワカービン』という名の、日本の豊和工業が民間用に生産したライフル銃で、M1カービンをモデルにしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019222212j:image

ホーワカービンは昭和刑事ドラマにもよく登場します。

なので、本作ではM1カービンという設定で登場しているのでしょうね(もしかして実物をプロップにしたか?)

鉄砲面の画像を集めた感じでは、日本側の拳銃は十四年式拳銃以外にも、こちらも使っておりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220148j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220151j:image

FN:ブローニングM1910

です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144437j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144440j:image

実際、軍の上層部は護身用に外国産の小型自動拳銃を、好んで使ったようです。

もちろん、十四年式拳銃も登場します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220222j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220218j:image

用心金槓桿(コッキングハンドル)の形状的に、前期型のようですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144509j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221020144501j:image

南部式のステージガン、あまり見たことがないので、これは嬉しいです。

 

 

 

 

ややこしくなるので上では書きませんでしたが、私どうしても劇中の『モーゼルC96』が、モーゼルC96に見えないんです...。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20221019220533j:image

発火式のステージガンなのですが、モーゼルC96を基にしグリップはパパ南部かルガーP08あたりをモデルにした、コピー品拳銃に見えてしまっています。

....なんだか、ルガーP08をボルトアクション式にしたら、こんな形になりそう