近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

狙撃者のM1カービン

M1カービン、ご存じだと思いますが、第二次世界大戦から朝鮮戦争頃の米軍の自動小銃です。

M1カービンの詳細なら、ネット検索すれば色々出てくるのですが、下画像の劇中プロップのタイプは、おそらく出てこないんじゃ無いかと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716193652j:image

実銃で、このようなM1カービンは無さそうですからね。

なので、今回はこの『狙撃者のM1カービン』を、見ていきたいです。

 

 

 

 

◉項目

  1. 狙撃者のM1カービン
  2. モデルはこれか?
  3. 特徴
  4. 登場作品

こうなりました。

 

 

 

 

1.狙撃者のM1カービン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194614j:image

上画像の通りです。

全体はこのようになっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194748j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194751j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194611j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194621j:image

M1カービンっぽくて、M1カービンぽくも無い、不思議なカービンです。

これがM1カービンだと分かったのは、大激闘マッドポリス‘80第15話「005便で来た狙撃者(スナイパー)」次回予告です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716195147j:image

「狙撃者のM1カービンか、氷室のアーマライトM16か。」というナレーションで、判明しました。

M16小銃の存在も、このナレーションで知りました。

このM1カービンは、分解できるんですよね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716195500j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716195454j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716195457j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716194742j:image

大激闘マッドポリス‘80第15話大空港第61話で、これを分解した状態で運び、現場で組み立てるシーンがあります。

バレル、本体(フレーム)、マガジン、スコープが分解可能で、ストックは折り畳んだ状態で収納されています。

 

 

2.モデルはこれか?

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716195859j:image

このM1カービンは、おそらくパラトルーパータイプから発想を得て、作っているのだと思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716201836j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716201833j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716201839j:image

画像はM2カービン パラトルーパーモデルです。

このように、折り畳み式の銃床になっています。

それは今回の狙撃者のM1カービン同様ですが、当時パラトルーパータイプはCMCが作っていたそうで、ステージガンの王道メーカー:MGC通常のM1カービンしか作っていませんでした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716233843j:image

※画像はイメージ

そのため、撮影用プロップに、MGC製M1カービンに同社MP40のストックを付けたものを作ったと思われます。

因みに、このM1カービンはタニオアクションです。

トリガーを引くとボルトが後進し、‪排莢‬を行うことができるようです。

 

 

3.特徴

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716203636j:image

このM1カービンは、以下のようになっていると思います。

  • 多分M1カービンベースで、ストックを切りピストルグリップにしている
  • 銃床は MP40系の曲銃床
  • バレルは発火用分伸ばされており、フロントサイトが奥まった位置にある
  • バレル下には、火縄銃の㮶杖のような用途不明の棒部品がある
  • フォアグリップは着脱可能
  • タニオアクション
  • マガジンは常時30連のボックスマガジン

このような感じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716203633j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716203630j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716232730j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716232727j:image

モデルガンベースで作る人、居ないんですかね?

依頼すれば、某工房さんならお造りになるかもしれないです(M16西部警察スペシャルを造られた程ですので)。

 

 

4.登場作品

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220716233756j:image

以下に、自分が分かる限りで登場作品を記します。

  • 最も危険な遊戯
  • 大都会PARTⅢ第3話「捜査中止指令」
  • 西部警察PARTⅠ第119話「マフィアからの挑戦」
  • 大激闘マッドポリス‘80第14話「ハンター・キラー」
  • 大激闘マッドポリス‘80第15話「005便で来た狙撃者(スナイパー)」
  • 大激闘マッドポリス‘80第16話「人間狩り」
  • 大空港第61話「兇悪密輸組織撃滅作戦」

こんな感じです。

まだまだあると思います。

マッドポリスでは、終盤3話連続で登場します。

 

 

 

 

1/6サイズで、GIジョーシリーズにM1カービンやM1カービンパラトルーパーなどがあります。

それを使えば、この「狙撃者のM1カービン」が作れそうですね。

タナカワークス:M1カービン パラトルーパーモデル 発火式モデルガン 発火動画 #モデルガン #タナカワークス #M1カービン #M1カービンパラトルーパー - YouTube