近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

こっちはあまり見かけないな

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173146j:image

今日は8月10日で『野獣の日』のようですね。

私は野獣と言ったらこれが出てきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173521j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173518j:image

松田優作さん主演『野獣死すべしです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173547j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173552j:image

初めて見た時は、内容の凄さと演技の凄さに、見終わった後は絶句いたしました。

 

今回の記事は、全く『野獣死すべし』とは関係ありません。

加山雄三さん作品について、少し。

加山雄三さん作品だと、『狙撃』はよく見かける気がします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173811j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173814j:image

しかし、続作である『弾痕』は、あまり見かけないし話題にならない気がします。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173852j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810173849j:image

私は、一応両作品とも視聴済みです。

 

 

 

 

個人的に、『狙撃』の方が好きです。

こちらの方が内容は分かりやすく、銃器についても色々見れると思います。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174031j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174034j:image

片倉のモーゼルを組み立てるシーン弾丸を製作するシーン鉄砲店地下での試射などなど、結構多いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174116j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174114j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174108j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174111j:image

ラストでは、ハンドガン戦もありますし。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174155j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174149j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174152j:image

個人的に、モーゼルの組み立てシーンは好みです。

 

 

一方『弾痕』は、標的を始末するシーンは多くても、銃に関するシーンは『狙撃』と比べて少ない印象です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174353j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174359j:image

また、設定もちょいと難しいと思います。

『狙撃』は殺し屋でしたが、『弾痕』はアメリカ諜報局極東派遣員でした。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174451j:image

アメリカ生まれの日本人の二重国籍で、アメリカのために殺しをやるというものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174447j:image

アクションは、『弾痕』の方が多いと思います。

冒頭のテロリストをヘリから狙撃するシーン密入国者を船から狙撃するシーン鉄砲密売一味を決闘などなど。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174356j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174627j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174624j:image

鉄砲密売一味との決闘で、シュマイザーMP40のマガジンをテープで2本つけているのは、あまり見かけない演出ゆえ面白いです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174621j:image

そういや、『弾痕』はハンドガン戦が無かったですね(標的をハンドガンで始末するシーンはありました)

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174803j:image

大まかに前作『狙撃』と同じですが、『弾痕』の方が後味悪いと思います。

 

 

 

 

『弾痕』は、岸田森さんの拷問シーンが見どころですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174854j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174857j:image

なかなか凄いです(何されているかは不明)

役は『狙撃』と全く異なります。

アメリカ諜報局極東派遣員の上司に、岡田英次さんがいます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174941j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220810174944j:image

当時から、この大物感がありますね。

私は、この岡田英次さんも見どころだと思います。