近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

鉄砲十手

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203053j:image

松本城天守に、実物が飾ってありますね。

あれは差火式なので、所謂『火縄銃』です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203145j:image

名和弓雄先生の事典では、鈎に火蓋と火口があるとありました。

そのため、鈎を棒身まで下げると、火縄銃の火皿付近になり、火縄を当てると発射可能という感じです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220504203236j:image

『懐鉄砲というより、狼煙などの合図代わりに使っただろう』と、名和弓雄先生は仰っておりました。

 

 

 

 

今回は、この鉄砲十手を自分なりにアレンジし、輪ゴム銃として使える様にして作りました。

※輪ゴム銃ですので、輪ゴムのみ発射可能です。

 

 

ではでは

 

 

今回製作しているものが、こちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505124927j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505124930j:image

まだ塗装はしておらず、これから銃身&握柄を塗装、装飾します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125054j:image

銃身となる棒身は木製、鈎はLEGO製、握柄は塩ビ管となっております。

 

これは『握り鉄砲』から案を得て作ったため、実物は雷汞を撃発されるための撃針があります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125147j:image

撃針を太刀もぎの鈎に付けて、また折り畳み式にして、仕込めるようにしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125204j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125206j:image

これもLEGOです。

棒身に、上の赤い部分が入るだけの穴を開けています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130143j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130658j:image

この穴は、後々使います。

輪ゴム銃としてではなく、ただ遊びたい時は、そのようにして鈎を握って遊びます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130224j:image

動作時の握り心地を良くするため、指を掛ける部品を鈎の反対側につけました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130517j:image

これもLEGOです。

 

 

棒身部分は輪ゴム銃の部品を使い、銃身にしています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505125054j:image

そのため棒身兼銃身自体は木製です。

なので、輪ゴム以外は発射不可となっております

それが証拠に、このようになります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130754j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130829j:image

銃身部分は上のようになっており、また、握柄は付いているのみです。

 

実物の鉄砲十手は先込め式のため、尾栓が抜けなければ清掃が出来ません。

そのため、意味はないですが、尾栓もLEGOで作りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130918j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130915j:image

尾栓は緒付環も兼用しております。

 

 

輪ゴム銃ですので、輪ゴムを発射出来なければ意味がありません。

輪ゴム使用時は、鈎に専用の部品を付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505130943j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131003j:image

このようにすれば、輪ゴムを掛けて発射する事ができます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131027j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131159j:image

先込め式の鉄砲をモデルにしているため、輪ゴムも1つしか付けられないです。

 

 

 

 

あとは、塗装です。

基の輪ゴム銃も黒色でしたので、同色で塗装します。

出来たら、また記事にすると思います。

 

大きさの比較画像を忘れていました。

ワルサーP38、パイソンPPCとですが、このくらいの大きさです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131412j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220505131415j:image

まあこんな感じです。

十手全長は35cmほどでした。