近江屋の御隠居の日録

時代劇&刑事ドラマ関連やモデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。ゆるーく活動してます。最近は刑事ドラマ&モデルガンに傾倒。修正頻度はかなり高いですがご容赦ください。Twitterで蔓延する画像の転用やめろ。

続・ハイパト製作

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123180826j:image

まあ、Twitterで言っちゃったので、なんか記事にするのもアレですが、一応。

これの続きになります。

 

 

本題の前に。

上記事でも触れていると思うのですが、今回使用しているものは、ファルコントーイというメーカーから出されていた、ハイウェイパトロールマン44マグナムというエアーソフトガンです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

また、当方外装のカスタムはしていますが、決してエアガンの威力増強、ハンマー周りの改造など、違法改造は一切行なっていません。

 

今回は、以下の作業を行いました。

  • シリンダーの短縮化
  • フィーシングコーンの製作

です。

 

ではでは...

まず、加工前の状態(前回終わったところ)がこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123180648j:image

前回は、バレルを3.5inchほどに切り詰めたところまでしか行いませんでした。

今回製作するにあたり、私がフォローさせて頂いている、自分のフォロワーさんでもある方から、加工時のヒントを頂きました。

  • シリンダーはバレル側から5㎜詰める
  • 詰めた長さ分、マズルと同じ径のフォーシングコーンを付ける

というものです。

という事で、まずシリンダーを切り詰めます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181147j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181331j:image

断面が斜めになってしまったので、ヤスリ→紙やすり→研磨スポンジシート(3000番)で断面を平らにしていきます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181634j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181631j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181628j:image

とりあえずフレームにシリンダーをつけます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181705j:image

フォーシングコーンには、このハイパトに対して、内径と外径が程よい大きさのアクリル管があったので、それを使います。

上記の通り、5㎜幅で切ります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181849j:image

これもヤスリ→紙やすり→研磨スポンジシート(3000番)でならし、フレームに接着します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181950j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181945j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123181948j:image

付けたのは良いですが、フォーシングコーンがシリンダーに当たってしまったため、フォーシングコーンを削ります。

また、どうせならファルコントーイの専用カートリッジをそのまま活かしたいと思い、カートリッジが使用できるようになるまでフォーシングコーンを削りました。

元の幅の1/4くらいになるまで削りました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123182105j:image

とにかく削りました。

その甲斐あり、一応専用カートリッジは使えそうです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123182345j:image

全体はこのようになりました。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123182425j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123182457j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20220123182300j:image

一部部品を付け忘れてたため、実際はフォーシングコーンとシリンダーの間は、もっと開いています。

 

 

今のところ、作業はここまでで、現在塗装を乾かしているところです。

塗装した面は、切断したシリンダー前面と、フォーシングコーンの部分くらいです。

この部分も、塗装が乾いたらピカールで磨くくらいはしようと思います。