近江屋の御隠居の日録

時代劇関連や刑事ドラマ関連、モデルガン、十手関連、ドール、figmaやその他の趣味用のアカウントです。更新頻度と共に修正頻度も高いですが、ご容赦ください。

ジャパン:5代目日産スカイライン

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211129200741j:image

「ジャパン」この愛称で親しまれている、5代目の日産スカイライン

私はジャパンというと、すぐにこいつが浮かんできます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211129200905j:image

マシンX

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211129200925j:image

マシンX!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211128161524j:image

マシンX!!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211128161608j:image

マシンX!!!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211129201255j:image

...マシンXです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201030847j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211210205j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211210208j:image

いよいよ、そのマシンXがリミテッドビンテージで手に入りました。

↓関連記事

大激走!スーパーマシン - 近江屋の御隠居の生存記録

 

 

とりあえず外箱から。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204441j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204336j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204330j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204328j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204333j:image

内箱も。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204421j:image

専用の化粧箱。

これが西部警察シリーズは醍醐味ですね。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204502j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204459j:image

サーチライト、受信用アンテナも付属しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204628j:image

そして、そのマシンXがこちらです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204557j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205144j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205141j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204641j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204643j:image

トミーテック:リミテッドビンテージネオ マシンX S=1/64 です。

もう言葉入りません。

とにかくカッコイイです!

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205207j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205209j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205212j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205220j:image

外装はさることながら、内装や細部までしっかり作られておいるのが、リミテッドビンテージの特徴です。

したがって、ちゃんと車載カメラ、車載モニター、各種装置、レーダー・スピード感知器などといった諸装置まで再現されております。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204725j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204728j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212253j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212144j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212141j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212139j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212146j:image

車載モニターは、ハンドルの左斜め下にある四角い部分です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204720j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211211923j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211211856j:image

大きさゆえしょうがないのですが、カメラはこの四角に円柱がついているものです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204801j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211212046j:image

ナンバープレートも、「品川58 い97-35」となっています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204730j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211204934j:image

1/64のマシンXの嬉しいところは、なんといっても後付けサーチライト。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205007j:image

↑この矩形穴のところに、サーチライトを付けます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205100j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205057j:image

これのおかげで、通常時のマシンXとサーチライト使用時のマシンXと分けて飾ることができます。

マシンXのミニカーって、だいたいサーチライトが接着されていて、着脱不可ですので、これは嬉しいです。

 

今現在、マシンXは4車納車しています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205315j:image

左から、チョロQトミカ(TOMY時代)、トミーテックリミテッドビンテージ、トミーテックイグニッションホイールです。

TOMY時代のものは1/64サイズで今回のものと同じ寸尺なので、比べてみます。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205510j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205505j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205513j:image

まあ、そりゃあね。

TOMY時代のものは、マシンXを含む6台セットで3000円ですので、値段相応というところです。

通常のスカイラインジャパンとも。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205700j:image

やっぱり結構違いますね。

他リミテッドビンテージの特殊車両とも。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205803j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205800j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211211205758j:image

このクオリティは嬉しいです。

1/64サイズなので、置き場にも困りませんので^ ^

 

マシンXは警視庁の重要なデータや、各種無線も全て受信可能なマシンであるため、課長曰く「警視庁の頭脳」と劇中で言われることがあります。

そのため、万が一マシンXが敵に奪われた事を考慮し、車体および全装置を完全爆破するための「自爆装置」も搭載されております。

自爆装置を起爆させるのは、西部署捜査課課長室にある、木暮課長のデスクの3番目の引き出しに納められています。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201172856j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201172853j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201172858j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201172851j:image

マシンX、色々詰め込みすぎでは...(^^;;

これで犯人追跡するって、めーっちゃ危険な事してますね。

 

マシンX、プラモデルの外箱では「初代団長専用車」と書かれていますが、そんなことは無いんですよ。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201051901j:image

マシンX登場回の西部警察PART1第45話「大激走!スーパーマシン」では、リュー(桐生刑事)が最初にマシンXに乗ります。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052600j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052558j:image

その次回である第46話「消えた一時間」では、成田空港まで参考人を追って、リキ(松田刑事)が夜の高速道路をマシンXでぶっ飛ばします。

その次回の第47話「笛吹川有情」で、ようやく大門団長がマシンXを運転します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052629j:image

しかも、マシンX退場回でありマシンX殉職回の、西部警察PARTⅢ第47話「戦士よさらば・・・」では、ジョーが運転し、爆発直前に窓から脱出します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052646j:image

マシンX最後の運転手は、ジョーなんですよね。

上記の通り、マシンXは大門軍団の中で唯一爆発して果てる特殊車両です。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052742j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052745j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052750j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201052747j:image

犯人が自動運転車の技術者で、大門軍団に復讐しようと本庁からマシンXを盗み、改造し、大門軍団ごと吹き飛ばすために積んだ時限爆弾により、大爆発、これによって殉職します。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201053123j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201053441j:image

ドラマ内では、爆発し大破したため殉職となります。

しかし、実際には爆発したマシンXは本物のマシンXではなく、影武者のマシンXで、本物は爆発してないみたいです。

 

 

大門軍団に最初に加わった特殊車両・マシンX、その最期の勇姿に、課長と共に合掌といきたいです。

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201053232j:image

f:id:tokyokei_jidaigeki_satsueiti:20211201053230j:image

特殊車両が殉職する、こう言うのはいかにも西部警察らしくて面白いです。